「GODZILLA 決戦機動増殖都市」映画レビュー “一体何を見せられているのかという「快感」”

GODZILLA決戦機動増殖都市2021☆Brand new Movies

GODZILLA決戦機動増殖都市

評価: 8点

Story

21世紀初頭、人類はゴジラに蹂躙された地球に多くの人命を残し、選ばれし者達だけで恒星間移民船・ アラトラム号に乗って移住可能な「約束の地=タウ星 e」を目指した。しかし計画は失敗し、人類は再び地球へと舞い戻ることになってしまう。そして、長距離亜空間航行によって生じた時空の歪みは、人類が戻るべき場所を「二万年後の地球」に変えてしまっていた。その地球で主人公・ハルオたちはゴジラの攻撃を受けながら、20 年間考え続けた「対ゴジラ戦術」をエクシフとビルサルド、2 種族の異星人と共に実行し、決死の戦闘でゴジラを倒すことに成功する。 しかし、喜びも束の間、地中深くから真のゴジラ<ゴジラ・アース>が姿を現す。二万年もの間成長を続け生き永らえ、体高 300 メートル、質量 10 万トンを超える姿へと進化した超巨大ゴジラの圧倒的な破壊力を前に、ハルオたちは散り散りになってしまう。 そしてハルオを救ったのは、人類の生き残りと目される「フツア」の民、ミアナだった。フツアはこの地球で初めて出会った人型の生命種族である。彼らは人類の子孫なのか――。「フツアの神もゴジラに破れ、今は卵を残すのみ。挑むもの、抗うもの、すべて炎に呑まれて消える」という彼らにハルオは、「これは、人類の手に地球を取り戻す、最後のチャンスなんだ」と語り返す。 一方、ビルサルドの指揮官・ガルグは、フツアの持つ矢じりが“自律思考金属体=ナノメタル”でできている事に気がつき歓喜する。それは、21 世紀に彼らが富士山麓で「対ゴジラ決戦兵器」として開発するも、起動寸前で破壊された<メカゴジラ>を構成するものと同じ物質であり、その開発プラントが今もなお、残っている証だった―――。 Filmarksより

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』予告
人類最後の希望<メカゴジラ>が、起動する。歴代最大ゴジラ<ゴジラ・アース>と新たな姿で描かれる<メカゴジラ>が二万年後の富士山を舞台に、再び会敵する。アニメーション映画『GODZILLA』第二章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』5/18(金)全国公開。<CAST>ハルオ・サカキ:宮野真守メトフィエス:櫻井孝宏...

 

Review

ゴジラ映画初の長編アニメシリーズ(三部作)の第二弾。
世間の評判の悪さから長らく敬遠してしまっていたのだが、ようやく鑑賞した前作「怪獣惑星」が、思いのほかゴジラ映画ファンの琴線をくすぐってきたので、同日に続けて今作を鑑賞。

「決戦機動増殖都市」というこの副題が、中二病的でとても良い。
このタイトルを堂々と掲げることで、この映画は“そういう映画だ”ということを宣言しているのだと思う。
詰まりは、この国が長年に培ってきたアニメ文化、特撮文化、そしてオタク文化を愛し続けた者たちが、寄ってたかって“自己満足”を積み上げた作品であるということ。
そして、「それの何が悪いのか?」ということを、開き直るように力強く叩きつけている作品であるということだ。

前作のラストで、ようやくゴジラを討伐した歓喜も束の間、ほぼ間髪入れずに現れた真の絶望。
あまりにも巨大な絶望に対する次なる対抗手段として描き出されるのは、共闘する異星人がかつて地球に持ち込んでいた“メカゴジラ”の「構成素材」で2万年の間に勝手に出来上がっていた“増殖都市”という、完全にワケガワカラナイ代物。
ワケガワカラナイが、だからこそケレン味に溢れ、極めてSF的だと断言したい。

“メカゴジラ”のビジュアルを一切登場させることなく、その“素材”と、それを扱う異星人たちの異質な“思考原理”のみで、もはや地球環境そのものとなっている“ゴジラ”と対峙し、ストーリーをテリングしていくこの作品のあり方は、やっぱりマニアックでぶっ飛んでいる。

肝心要のゴジラの描写すらもそこそこにして、舞台であり、兵器である“増殖都市”そのものの禍々しさを突き詰め、その中で異なる思考をぶつけ合う人間同士の消耗戦と、それに伴う悲劇に主眼を置いていくストーリーの顛末が極めて興味深かった。

そして、そんな異質なストーリーテリングを展開しながらも、しっかりとゴジラファンの高揚感を煽る描写、伏線が張り巡らされている。
双子の美少女、卵を崇める民族、隠された異星人の思惑、そして「ギドラ」という忌まわしき言葉。

世間の評価がどんなに低かろうが、前作に続き今作もしっかりと“ゴジラ映画”であり、“SF映画”であったと思う。
主人公を見つめるヒロインの目線が絶妙に合っていない不気味さすらもはや味わい深い。
さあ、次はいよいよトリロジーの最終作。地球最大の決戦に向けて準備は万端だ。

 

「GODZILLA 怪獣惑星」映画レビュー “ちゃんとファンの琴線をくすぐるゴジラ映画”
まず冒頭のプロローグ的なニュース映像の中で最初に登場する怪獣が、カマキラス、そしてドゴラだったことがマニアックで、思わず喜色を浮かべた。
おヒサシネマ!「三大怪獣 地球最大の決戦」
ハリウッド版ゴジラ最新作公開を目前にして、おそらくはベースになっているのだろう本作を十数年ぶりに鑑賞。十数年前と感想をピタリと思い起こさせる安定のトンデモ映画ぶりだった。 タイトルの「地球最大の決戦」が始まるまでは、まあまあ良…more

 

Information

タイトルGODZILLA 決戦機動増殖都市 GODZILLA: CITY ON THE EDGE OF BATTLE
製作年2018年
製作国日本
監督
静野孔文
瀬下寛之
脚本
村井さだゆき
山田哲弥
虚淵玄
出演
宮野真守
櫻井孝宏
花澤香菜
杉田智和
梶裕貴
諏訪部順一
上田麗奈
小澤亜李
三宅健太
堀内賢雄
鑑賞環境インターネット(Netflix・字幕)
評価7点

 

Recommended

Amazon | GODZILLA 決戦機動増殖都市 Blu-ray スタンダード・エディション | アニメ
宮野真守, 櫻井孝宏, 花澤香菜, 杉田智和, 梶裕貴, 諏訪部順一, 小野大輔, 三宅健太, 堀内賢雄, 中井和哉, 静野孔文・瀬下寛之 最新アニメから懐かしの名作アニメDVD・Blu-rayをアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

画像引用:https://amzn.to/36897I3

コメント

タイトルとURLをコピーしました