「ある用務員」映画レビュー “楽しさもあるが、映画的なダサさが致命的”

2021☆Brand new Movies

 

評価: 2点

Story

用務員としてとある高校で働く主人公・深見(福士)は元暴力団員だった父を持つ男。 暴力団には属さず、学校に用務員として身をおくのは父親の組兄弟・真島善喜(山路)の娘・真島唯(芋生)の見張りとして務めているからだ。 ある日、暴力団の抗争が勃発し善喜が殺され、その娘の唯が狙われる事により、学校が戦場となる。 深見は用務員としての衣を脱ぎ捨て、閉ざされた学校内から唯を救出しようとするが…。 Filmarksより

【ある用務員】予告編
アクション映画の幕開け! 映画祭「未体験ゾーンの映画たち2021」の出展作品。福士誠治初主演作。主題歌はCrazyBoyの「アムネジア」

 

Review

極めて“惜しい”映画であることを前提とした上で、とても稚拙で、ダサい映画だったなと、落胆したことは否めない。
全編から滲み出る映画の低予算感を踏まえると、出演陣はちょっと驚くくらいに豪華な印象を受ける。脇役陣は特に名の知れたバイプレイヤー揃いで、それぞれクセの強いキャラクターを演じていたと思う。

まず良かった点から挙げるとするならば、前野朋哉演じる「本田」の一見凡人の風貌から溢れ出る強烈な残虐性とサイコパス感は、悪役キャラクターとしてフレッシュで、恐ろしく、娯楽性に溢れていたと思う。
彼と、組織の秘書役的な手下との間の抜けた掛け合いは、この映画世界の異常性と狂気性を増幅させていて良かった。

彼ら以外にも、各殺し屋コンビの即興的な掛け合いには、独特のユーモアが滲み出ていたので、もっとそれぞれのキャラクター性を活かして、殺し屋たちの見せ場を魅力的に映し出せていたら、映画全体の印象と娯楽性は変わっていたかもしれない。

詰まるところ、最も致命的だったのは、演出面やストーリーテリングを含めた映画作りそのもののチープさだった。
部分的な外しセリフは即興的で楽しかったけれど、本筋の話運びとセリフ回しは、あまりにも通り一遍で面白味に欠けていた。
そこに根本的な演出力の弱さも重なり、主演俳優をはじめとする役者陣の雑で薄っぺらい演技合戦には、正直なところ目も当てられなかった。
つくづく、役者というものは、演出によっていかようにも様変わりするものだなと思った。

加えて、音楽や効果音の使い方においても、的外れで耳障りになってしまっているシーンが多かったように思う。
あるヤクザの親分が石柱を怒り任せに蹴り続けるシーンがあるのだが、何故かボコボコと木製の壁を蹴るような効果音が当てられていて鼻白む。
他にも基本的な距離感や、小道具の使い方などの細々した箇所で「違和感」を感じることが多く、その都度「雑だなあ」と思ってしまった。
劇中、学のない戦闘要員が馬鹿にされるくだりがあるが、監督自身の映画的な学の無さが目に余る結果となってしまっている。

映画のテイストしては、韓国映画の「アジョシ」や「悪女/AKUJO」など、バイオレンスアクションのノリを強く感じたし、監督自身多分に影響されていると思う。
ただ残念ながら、韓国映画の芳醇な土壌によるクオリティーには遠く及んでいない。
部分的なアイデアと、前野朋哉の「本田」だけ輸出して、韓国でリメイクしてほしい。

 

「アジョシ」
過去に訳ありの殺人術に長けた男が、孤独な少女と出会い、彼女を救い出すために決死の闘いに挑む……。 プロットそのものはあまりにありふれており、同様の作品は世界各国で量産されている。 そしてタイトルは“アジョシ(=おじさん)…more
「悪女/AKUJO」<7点>
冒頭から繰り広げられる“一人称視点”での大殺戮シーンを皮切りに、想像以上にぶっ飛んだ映画だった。良い意味でも悪い意味でも。 「ニキータ」+「キル・ビル」+「女囚さそり」+etc…古今東西のあらゆる“ヒロインバイオレンス”の…more

 

Information

タイトルある用務員
製作年2020年
製作国日本
監督
阪元裕吾
脚本
松平章全
撮影
栗田東治郎
出演
福士誠治
芋生悠
前野朋哉
般若
一ノ瀬ワタル
北代高士
山路和弘
渡辺哲
野間口徹
波岡一喜
鑑賞環境インターネット(U-NEXT)
評価2点

 

Recommended

Amazon | ある用務員【DVD】(40分にもおよぶ怒涛のアクションシーンの舞台裏に迫ったメイキングを収録) | 映画
福士誠治, 芋生悠, 前野朋哉, 般若, 山路和弘, 阪元裕吾 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

画像引用:https://www.youmuin-movie.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました