おヒサシネマ!「Love Letter」 “この映画そのものが眩い「記憶」”

Love Letter久々鑑賞☆おヒサシネマ!

Love Letter

評価: 10点

Story

神戸に住む渡辺博子(中山美穂)が、山の遭難事故でフィアンセの藤井樹を亡くして2年が経った。
三回忌の帰り道、樹の家を訪れた博子は、樹の中学時代の卒業アルバムから、彼がかつて住んでいた小樽の住所を見つけ出した。
博子は忘れられない彼への想いを癒すために、彼が昔住んでいた小樽=天国へ一通の手紙を出した…。 amazonより

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

Review

数年ぶりに「Love Letter」を観て、映画の中の登場人物たちと同様に、記憶が揺り動かされながら、幾度目かの感動に包み込まれた。

中山美穂が一人二役を演じるこの映画は、彼女が演じる二人の女性、渡辺博子と藤井樹が主人公である。
数年ぶりの鑑賞で、この二人の主人公の存在感と、ストーリーにおけるバランスが奇跡的なまでに絶妙であることを改めて感じ入った。

「拝啓、藤井樹様。お元気ですか? 私は元気です。」

という主人公(渡辺博子)が亡き婚約者に送った手紙の一節は、そのままクライマックス(トヨエツが言うところの“いっちゃんええとこ”)におけるエモーショナルな感情表現として使用される。
彼女は、届くはずのなかった手紙のやりとりを通じ、それをきっかけとして、ようやく塞ぎ込まれていた自らの感情を吐露し、解放することができたのだ。

そのクライマックスまでの大筋だけを表面的に捉えると、この映画の主人公は渡辺博子に見えるだろう。
だが、そこに藤井樹というもうひとりの女性の人生と記憶が重なってくることで、この映画はまさに奇跡的な物語を紡ぎ出す。

わけの分からぬ手紙を受け取ったことから、主人公(藤井樹)は、遠い記憶の中の或る男子の眼差しと、自らの人生における「死」にまつわる思い出に再会する。
徐々に蘇っていく記憶は、光となり、熱となり、痛みとなり、彼女を覆い尽くす。

失った大切な人物の記憶を辿る物語から、失ったことすら気付いていなかった記憶を取り戻す物語が、連なり、並走する妙。
普遍的な「死」と、奇跡的な「邂逅」が織りなすその物語は、25年という年月を越えて変わらず僕を包み込んだ。

 

今の時代に、このストーリーを紡ぎ直そうとも、成立しない要素は多い。
卒業アルバムの住所録も、図書室の貸出カードも、インスタントカメラも、あるいは「手紙」すらも、過ぎ去りし時代に取り残されたエッセンスだろう。
ただ、だからこそ、この映画が描き出しているものはもはや永遠なのだろうと思う。

時の流れの中で埋もれていた記憶は、ふいに顔を出し、感情を揺さぶり、光り輝く。
僕にとってこの映画は、そういう「記憶」そのものだ。

 

「ラストレター」映画レビュー “拝啓、初恋のきみ。お元気ですか?私は歳を取りました。”
映画「ラストレター」レビュー・ネタバレ批評・感想  遅すぎた邂逅は、それでも何かを癒し、未来を生む。いびつで、拙く、寓話のように非現実的だけれど、それは僕自身が「Love Letter」から25年来、愛し続けた世界観そのものであり、“優しい嘘”は、あの時と変わらずに心を揺らした。

 

Information

タイトルLove Letter
製作年1995年
製作国日本
監督
岩井俊二
脚本
岩井俊二
撮影
篠田昇
出演
中山美穂
豊川悦司
酒井美紀
柏原崇
范文雀
加賀まりこ
篠原勝之
鈴木蘭々
塩見三省
中村久美
鑑賞環境インターネット(Amazon Prime Video)
評価10点

 

Recommended

Bitly
Love Letter
婚約者を亡くした渡辺博子は、忘れられない彼への思いから、彼が昔住んでいた小樽へと手紙を出した。すると、来るはずのない返事が返って来る。それをきっかけにして、彼と同姓同名で中学時代、彼と同級生だった女性と知り合うことになり…。(C)1995 FUJI TELEVISION NETWORK, INC. ALL RIGHTS…more

画像引用:https://amzn.to/3etEM9n

コメント

タイトルとURLをコピーしました