「ザ・ファイブ・ブラッズ」映画レビュー “彼らが抱えた罪と罰。そして、Wakanda Forever”

ザ・ファイブ・ブラッズ2020☆Brand new Movies

ザ・ファイブ・ブラッズ

評価: 8点

Story

ベトナム帰還兵の4人(ポール、エディ、オーティス、メルヴィン)はノーマン隊長の遺骨と埋蔵金を回収するべく、意を決して再度ベトナムを訪れることにした。ポールの息子、デヴィッドも父親を心配して旅に付いてきた。戦場での過酷な体験がフラッシュバックしたり、過酷なジャングルに分け入ったりすることは覚悟の上だったが、4人がベトナムで目の当たりしたのは想像以上のものであった。ベトナム戦争がもたらした災禍は今もなお現地の人々を苦しめていたのである。 Wikipediaより

『ザ・ファイブ・ブラッズ』予告編 - Netflix
アカデミー賞を受賞したスパイク・リー監督が贈る最新作。 ポール (デルロイ・リンドー)、オーティス (クラーク・ピータース)、エディ (ノーム・ルイス)、メルヴィン (イザイア・ウィットロック・Jr) の4人のアフリカ系退役軍人たちが、戦死した隊長 (チャドウィック・ボーズマン) の亡骸と埋蔵金を探すために再びベ...

 

Review

世界は相も変わらず混迷している。
黒人男性銃撃による世界的波紋と怒り、トランプ政権への信を問われ二分するアメリカ、そして、チャドウィック・ボーズマンの突然すぎる訃報。

一体“何”に向けてこの鬱積を晴らしたらいいものか分らぬまま、この映画を観た。
スパイク・リー監督の映画なので、良い意味でも悪い意味でも“一つの方向”に偏り、振り切った作品ではある。
が、同時に、今このタイミングで観なければどうしようもない映画であることも間違いない。
社会に対する怒り、歴史に対する怒り、世界に対する怒り。夥しい悲しみの累積の上に渦巻く黒人もとい“すべての人間”の怒りがぶちまけられている。

ベトナム帰還兵の老人4人が、数十年ぶりに再度ベトナムに集い、かつての戦場に残された埋蔵金と戦死した隊長の亡骸を探す冒険に挑むというくだりは、娯楽性に溢れており、楽しい。
しかし、かつての戦場を辿るアドベンチャーは、徐々に確実に彼らの心の奥底に巣食うトラウマと、今なお生々しく残る現地の災禍を呼び起こしていく。

黒人兵たちは、ベトナムの過酷な戦場で、自分たちが白人に良いように使われ、都合よく使い捨てられている現実に気付き、憤る。
だがしかし、数十年ぶりの“行軍”によって目の当たりにしたものは、自分たち自身の「罪」と「罰」だった。
戦時を振り返る回想シーンにおいて、4人の老人が画像加工なくそのままの風貌で描き出されている意図は、彼らが「罪」を抱えたまま老いてしまったことの象徴なのだろう。

 

黒人の人種、社会に対する差別、迫害は、アメリカのみならず、人類史の汚点であり、人類全体が恥ずべき闇であることは間違いない。
ただし、だ。
だからといって、黒人が常に歴史における“被害者”であったかというと、無論そんなことはない。
肌の色に関わらず、すべての人種、すべての人間は、“被害者”であり、“加害者”でもある。それが、歴史の紛れもない事実であろう。

虚無的にすら感じるその憎しみの連鎖と、終着点がない怒りの螺旋こそが、人類の本当の闇なのだと思う。

 

想像以上に過酷な行軍の果て、年老いた黒人帰還兵たちが掴み取ったものは、黄金でも、亡き隊長の尊厳でもなく、戦地に置き忘れてきた「罪」そのものだったのかもしれない。

 

 

2020年8月28日。誇り高き“ワカンダ国王”の訃報が、多大な悲しみと共に世界中を駆け巡った。
享年43歳、スター俳優のあまりにも早過ぎる死をいまだ受け入れることができない。
聞けば、2016年から闘病を続けていたというから、本作はもちろん、“ブラックパンサー”として登場したすべてのMCU作品も大病の只中で演じ切っていたということだ。

悲しみは尽きないけれど、今はただ、戦い切った偉大な戦士の安らかな眠りを祈りたい。

 

おヒサシネマ!「ブラックパンサー」“見どころは釜山の超ハイテクカーチェイス”
王位の継承をめぐる対立と葛藤というベタなストーリー展開を、まさしく「王道」として貫き通すブラックパンサーのキャラクター性が、MCUの主要キャラクターの中においては逆に新鮮で、魅力的なのだろうとも思う。

 

Information

タイトルザ・ファイブ・ブラッズ DA 5 BLOODS
製作年2020年
製作国アメリカ
監督
スパイク・リー
脚本
ダニー・ビルソン
ポール・デ・メオ
ケヴィン・ウィルモット
スパイク・リー
撮影
ニュートン・トーマス・サイジェル
出演
デルロイ・リンドー
ジョナサン・メジャース
クラーク・ピータース
ノーム・ルイス
イザイア・ウィットロック・Jr
メラニー・ティエリー
ジャン・レノ
ヴァン・ヴェロニカ・ンゴー

チャドウィック・ボーズマン
鑑賞環境インターネット(Netflix・字幕)
評価8点

 

Recommended

 

画像引用:

コメント

タイトルとURLをコピーしました