「ナイブズ・アウト:グラス・オニオン」映画レビュー “安定感を増す「古典的」という新鮮さ”

スバラシネマReview

評価:  8点

Story

ギリシャに集まったテクノロジー界の大富豪と癖の強い友人たち。そこに現れた世界的に有名な名探偵ブノワ・ブランが、彼らにまつわる謎の真相をひとつひとつ解き明かしていく。 Netflixより

『ナイブズ・アウト: グラス・オニオン』予告編 - Netflix
ゲームが終わるとき、ミステリーが始まる。出演はダニエル・クレイグ、エドワード・ノートン、ジャネール・モネイ、キャスリン・ハーン、レスリー・オドム・Jr、ジェシカ・ヘンウィック、マデリン・クライン、ケイト・ハドソン、デイヴ・バウティスタ。 『ナイブズ・アウト: グラス・オニオン』は、Netflixで12月23日 (...

 

Review

ジェームズ・ボンドから解放されたダニエル・クレイグが名探偵ブノア・ブランに扮するNetflixオリジナルミステリーシリーズ第二弾。
二作目にして、名探偵役がすっかり板についているダニエル・クレイグ。この無骨な俳優が、このウィットに富んだ名探偵役にこれ程ハマるとは思わなかった。
まず言いたいのは、引き続きシリーズ作を展開していってほしいし、クレイグには長くこのキャラクターを演じ続けてほしいと思う。

前作は、大富豪の豪邸を舞台にした血族同士の諍いが、ミステリの王道よろしく描き出されていたが、続編となる本作でも、孤島でのバカンスに集められた旧友たちの確執と復讐が描き出され、これもまたミステリの王道的展開だった。

最新のミステリ映画として、斬新な設定やアイデアばかりを散りばめるのではなく、アガサ・クリスティやコナン・ドイルの推理小説の世界観を引用して、現代劇として描き直すという趣向がこのシリーズの特徴であり、ユニークな点だと思う。
そこにブノア・ブランという新たな名探偵キャラーを創造し、現代的な視点や価値観を盛り込みながら物語を紡いでいくことで、フレッシュな娯楽性を生んでいる。
「古典的」と言ってしまえば確かにそうかもしれないが、それ故のミステリの芳醇さがあり、また一方では単なる古典のリメイクでは味わえない新旧混在の味わい深さがあると思う。

ストーリー上のキーワードでもある“グラス・オニオン”。「天才」という金づるに群がる人間たちの空虚な関係性が、このタイトルと、劇中登場するガラス張りの玉ねぎ型ペントハウスに象徴されている。
人間の虚しさや、愚かさの本質を描き出すに当たって、時代性なんてものは関係なく、古いミステリのフォーマットでこそ際立つものなのかもしれない。

大豪邸、孤島、とくれば次はいよいよ“特急列車”かな。期待大。

 

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」映画レビュー “今宵、上質なミステリに満ち足りる”
“ミステリ”好きには堪らなく楽しい。現代に蘇った“アガサ・クリスティー”的な或る家族の悲喜劇を、オールスターキャストで織りなす映画世界は決して華美ではないが芳醇で、多様な娯楽性が満ち溢れている。

 

Information

タイトルナイブズ・アウト:グラス・オニオン GLASS ONION: A KNIVES OUT MYSTERY
製作年2022年
製作国アメリカ
監督
ライアン・ジョンソン
脚本
ライアン・ジョンソン
撮影
出演
ダニエル・クレイグ
エドワード・ノートン
ジャネール・モネイ
キャスリン・ハーン
レスリー・オドム・Jr
ジェシカ・ヘンウィック
マデリン・クライン
ケイト・ハドソン
デイヴ・バウティスタ
ヒュー・グラント
鑑賞環境インターネット(Netflix・字幕)
評価8点

 

Recommended

Watch Glass Onion: A Knives Out Mystery | Netflix Official Site
World-famous detective Benoit Blanc heads to Greece to peel back the layers of a mystery surrounding a tech billionaire and his eclectic crew of friends.

画像引用:https://www.netflix.com/title/81458416

コメント

タイトルとURLをコピーしました