「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」映画レビュー “今宵、上質なミステリに満ち足りる”

ナイブズ・アウト2020☆Brand new Movies

ナイブズ・アウト

評価: 8点

Story

NYの豪邸で世界的ミステリー作家の85歳の誕生日パーティーが開かれた翌朝、彼が遺体で発見される。名探偵ブノワ・ブランは、匿名の人物からこの事件の調査依頼を受けることになる。パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員が第一容疑者。調査が進むうちに名探偵が家族のもつれた謎を解き明かし、事件の真相に迫っていく―。 Filmarksより

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』1.31(金)公開/60秒予告(ナレーション:中村悠一)
【アカデミー賞脚本賞ノミネート】全米超大ヒット、満足度97%!!! ダニエル・クレイグが名探偵!?クリス・エヴァンスがクズ野郎!? 世界が熱狂した、ハイテンション・ノンストップ・ミステリー!! 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督がアガサ・クリスティに捧げる最新作。『007』ダニエル・クレ...

 

Review

“ミステリ”好きには堪らなく楽しい映画だった。
現代に蘇った“アガサ・クリスティー”的なストーリーテリングを、オールスターキャストで織りなす映画世界は決して華美ではないが芳醇で、多様な娯楽性が満ち溢れていた。
“007”のダニエル・クレイグと、“キャプテン・アメリカ”のクリス・エヴァンスが、それぞれ代名詞である人気キャラクターとは全くイメージを違えた登場人物を好演しており、殊更に映画ファンとしての充足感は高まった。

ミステリーというジャンルは、古今東西問わず映画史においても、文学史においても、描きつくされていて、新たな傑作を生み出すことが最も難しいジャンルではないかと思う。

今作にしても、ミステリーのネタ自体が抜群に新しいということはなく、ストーリーの形式そのものは、前述の通り“アガサ・クリスティー”が描いた推理小説の基本構成をベースにしていることは間違いない。

ただ、その“オールドスタイル”を丁寧に磨き上げ、きちんとオリジナル要素を盛り込み、現代的なアレンジで仕上げているからこそ、この映画はちゃんと面白いのだと思う。

気鋭の映画監督であるライアン・ジョンソンが、本人によるオリジナル脚本で今作を描き出した意義もとても大きい。
シリーズものやリメイクが横行するハリウッドの映画産業において、オリジナリティをもった脚本を書いて映画化することができるこの監督の存在感は、今後益々大きくなるのではないかと期待している。(「最後のジェダイ」も僕は大好きだ!)

キャスト陣においては、やはり前述の通りダニエル・クレイグとクリス・エヴァンスの両スター俳優が、長年演じ続けてきた代名詞的なキャラクターのイメージを脱ぎ捨てて、新境地を開拓していることが興味深く、フレッシュだった。
特に主人公の名探偵を演じたダニエル・クレイグは、彼にとっての「007」最終作の公開を前にして、また新たな人気キャラクターを獲得したのではないかと思える。

秋の夜長、上質な推理小説を読み終えた時のような充足感に包まれる。
こういう王道ミステリーは最近少なくなっていたので、ぜひともシリーズ化してほしい。

 

Information

タイトルナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密 KNIVES OUT
製作年2019年
製作国アメリカ
監督
ライアン・ジョンソン
脚本
ライアン・ジョンソン
撮影
スティーヴ・イェドリン
出演
ダニエル・クレイグ
クリス・エヴァンス
アナ・デ・アルマス
ジェイミー・リー・カーティス
マイケル・シャノン
ドン・ジョンソン
トニ・コレット
レイキース・スタンフィールド
フランク・オズ
クリストファー・プラマー
鑑賞環境インターネット(Netflix・字幕)
評価評価:8点

 

Recommended

Amazon | ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密 [Blu-ray] | 映画
ダニエル・クレイグ, クリス・エヴァンス, アナ・デ・アルマス, ジェイミー・リー・カーティス, マイケル・シャノン, ドン・ジョンソン, トニ・コレット, クリストファー・プラマー, ライアン・ジョンソン 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配…more

画像引用:https://amzn.to/3mATXRp

コメント

タイトルとURLをコピーしました