「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」映画レビュー “求めていたのはこのキャッキャ感”

2021☆Brand new Movies

評価: 8点

Story

地球外生命体シンビオートがジャーナリストのエディに寄生して誕生したヴェノム。エディは凶暴なヴェノムに振り回されながらも、どうにか共生関係を築き、この奇妙な共同生活を続けていた。そんなある日、収監中の連続殺人鬼クレタスが取材で訪れていたエディに噛みつき、シンビオートをその体内に取り込むと、クレタスの狂気と融合した最凶最悪のカーネイジが誕生してしまう。やがて死刑執行目前に刑務所を脱走したクレタスは、カーネイジの力で次々と無差別な虐殺を繰り返していくのだったが…。 allcinemaより

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』予告4 12月3日(金)全国ロードショー #ヴェノム #カーネイジ
「悪人以外を食べない」という条件でエディの体に寄生し、彼と共同生活を送る地球外生命体(シンビオート)のヴェノムは、食欲の制限を強いられストレスの毎日を過ごしていた。そんな中、未解決事件の真相を追うジャーナリストのエディは、サン・クエンティン刑務所である死刑囚と再会する。その男の名はクレタス・キャサディ。これまで幾...

 

Review

中盤、主人公のエディと“彼に居候”するヴェノムが殴り合い罵り合いの大喧嘩を繰り広げる。
ヴェノムは部屋を半壊させた挙げ句、エディが大切にしていたテレビとオートバイをこれ見よがしに破壊して、なんとエディの体から出ていってしまう。
寄生生物が宿主の体から怒り任せに“家出”してしまうという“反則技”。
ただ、このシークエンスこそが、今作において実はハイライトであり、今作が前作に対して大きく進化したポイントだった。

前作は、マーベル・コミックの中でも人気の高いスーパーヴィランでありダークヒーローでもあるヴェノムを、ファンも納得のビジュアルとキャラクター性で映し出していたとは思う。
主人公エディとヴェノムの両方を演じたトム・ハーディのキャスティングもナイスだった。

ただし、前作には看過できない大きな欠落要素があった。
それは、エディとヴェノムの間に生じてほしかった“キャッキャ感”だ。
主人公の体に無理やり寄生(居候)し、文字通り一人芝居の丁々発止の掛け合いを繰り広げながら、危機に打ち勝っていく。
このダークヒーローの映画化に当たって最も重要な娯楽要素はその部分であり、前作ではそれが無かったとは言わないが、圧倒的に物足りなかった。

前作は新ヒーローの誕生を描く一作目ということもあり、諸々の設定や説明描写に尺を割かざるを得なかったという限界もあっただろう。
だが、続編である今作は、そういった説明的描写はすっとばして、すっかり“共同生活”にも慣れた二人の息のあった掛け合いを序盤から見せてくれていた。

映像技術を駆使した“二人羽織”のようなキャラクターを体現したトム・ハーディのパフォーマンスは前作に引き続き良かった。トム・ハーディは脚本にも参加しているとのことなので、この作品、このキャラクターへの愛着が、鑑賞者にとっても愛すべきキャラクター像として昇華されていたと思う。

そして、監督を務めたアンディ・サーキス。
モーションアクターとして2000年代から現在に至るまで数々のキャラクターを表現し続けてきたこの特異な俳優は、今作で監督としても見事な手腕を発揮している。
撮影開始時の掛け声からも明らかなように、映画監督の仕事において、最も重要なことは、俳優に“アクション”を付けるということだろう。
そのためには、人間がどういう風に動き、そしてどういう風に見えるのかということを熟知していなければならず、その点において、数々の映画で人間のみならず多種多様な生物を演じ続けてきたアンディ・サーキスが秀でていることは明らかだ。
エディ+ヴェノムという特異なキャラクターが、前作にも増して愛着あふれるキャラクターに進化した背景には、そういう監督の適性も如実に反映されていると思う。

俳優とキャラクター、そしてキャラクターと監督、諸々の要素がフィットし、高められ、求めるべき娯楽性に特化した今作は、問答無用に楽しい映画に仕上がっていると想う。
ストーリー的にも、キャラクター的にもまだまだ深まるであろうシンクロ率が、このシリーズのエンターテイメント力を高めていくことは間違いない。
そして、ついには、次元とメタ的なしがらみを超えたあの“隣人”とのクロスオーバー。そりゃワクワクが止まらんよ。

 

「ヴェノム」<6点>
アメコミ映画が飽和状態で、食傷気味になりつつある中、今作が孕んでいたテーマとアイデアからは、充分に新たな独自性を放つ可能性を感じた。 そうきっぱりと断言できるくらい、“ヴェノム”というダークヒーローの存在感は魅力的だったと…more

 

Information

タイトルヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ VENOM: LET THERE BE CARNAGE
製作年2021年
製作国アメリカ
監督
アンディ・サーキス
脚本
ケリー・マーセル
撮影
ロバート・リチャードソン
出演
トム・ハーディ
ウディ・ハレルソン
ミシェル・ウィリアムズ
ナオミ・ハリス
リード・スコット
スティーヴン・グレアム
鑑賞環境映画館(字幕)
評価8点

 

Recommended

 

画像引用:

コメント

タイトルとURLをコピーしました