「浅草キッド」映画レビュー “ありのままのビートたけしを映す、その信念と勝算”

浅草キッド2021☆Brand new Movies

浅草キッド

評価: 9点

Story

舞台は昭和40年代の浅草。大学を中退し、“ストリップとお笑いの殿堂”と呼ばれていた浅草フランス座に飛び込み、東八郎や萩本欽一ら数々の芸人を育ててきた・深見千三郎に弟子入りしたタケシ。舞台の上だけでなく日常生活においても芸人たる心構えを求める元、タケシは芸人としての成功を夢見て“笑い”の修行に励んでいたが、テレビの普及と共に演芸場に足を運ぶ人は減る一方…。お茶の間を席巻した大人気芸人を数々育てながら、自身はテレビに出演することがほぼ無かったことから「幻の浅草芸人」と呼ばれた師匠・深見との日々、個性と才能に溢れる仲間たちとの出会い、そして芸人・ビートたけしが誕生するまでを描いた青春映画 Filmarksより

『浅草キッド』予告編 - Netflix
「芸人だよ、バカヤロー!」監督・脚本:劇団ひとり / 主演: 大泉洋 & 柳楽優弥 / 主題歌:桑田佳祐「浅草に深見あり」と言われる伝説の師匠と、芸人になるため青春のすべてを懸ける弟子。強い絆で結ばれた二人だったが、やがて決別の時が…芸人・ビートたけしが誕生するまでの青春の日々を描いた笑いと涙に溢れるNetfl...

 

Review

昭和56年生まれの僕は、ビートたけしが“漫才師”だった時代を知らない。
僕自身、物心がつくかつかないかの頃、テレビで活躍していた彼の姿は“タケちゃんマン”だった。
分別がつき始めた頃には彼は毒舌家のパーソナリティとして既に芸能界のトップに君臨していたし、映画鑑賞が趣味となった頃には“北野武”という押しも押されもせぬ日本を代表する映画監督になっていた。

もちろん、古い映像でツービートの漫才を見たことはあったし、無名時代にストリップショーの幕間コントに出演していたということは知っていたけれど、僕らの世代にとってそれらはもはや「伝説」の類だった。
(「ちびまる子ちゃん」でお笑い好きのキャラクター“野口さん”がフランス座の前で無名のたけしにサインをもらうエピソードが印象深い)

そういうわけで、この映画は、この国の芸能界の“生きる伝説”ビートたけしの「誕生秘話」として極めて興味深く、青春映画として、そして伝記映画として紛れもなく傑作だったとまず言いたい。
正直、劇団ひとり監督をなめていた。
彼の芸人としての趣味趣向ど真ん中の題材とはいえ、これほどまで骨格のしっかりした良質な作品を作り上げるとは、只々脱帽だ。

浅草のストリップ劇場「フランス座」を舞台にした人間模様、そして芸人師弟の物語は、決して奇をてらうことなく王道的だった。
そこには、この国の誰もが知る芸能におけるスーパースターの誕生を描くことに対する気概と敬意が表れていたと思える。
「伝説」を映画として描き出すに当たって、余計な創作やデフォルメは不要であり、ありのままの“ビートたけし”をそこに存在させることができたならば、面白くなるに決まっている。
それが、ひとり監督の信念であり、勝算だったのではないか。

そして、その思惑は見事に結実している。
決して大袈裟なストーリーテリングをするわけでもなく、未読だが、おそらくは小説「浅草キッド」に沿った物語展開の中で、若き見習い芸人“タケ”が、“ビートたけし”へと成り上がっていく。

この映画を成立させているのは、やはり“ビートたけし”を文字通り体現した柳楽優弥だと思う。
松村邦洋からかなり綿密な指導を受けたようだが、当然ながら俳優としてモノマネという領域を超越し、“憑依”という言葉が相応しい圧巻の演技を見せてくれた。
前述の通り、僕自身は若い頃のビートたけしを見たことはないが、「ああ、これはたけしだ」と驚くほどに腹に落ちた。

W主演としてビートたけしの師匠・深見千三郎を演じた大泉洋も、もはや名優という冠を疑わせない安定感と存在感を見せている。
門脇麦、鈴木保奈美ら女優陣が表現した“生き様”もとてもドラマティックで素晴らしかった。
また、触れないわけにはいかないのが、ビートきよしを演じたナイツ土屋伸之の名演+名漫才。現役世代トップの漫才師としての技量と自然な佇まいが見事だった。

そしてそれら芸達者な演者たちの能力をちゃんと引き出し、王道的な映画世界の中に着実に落とし込んでみせた劇団ひとり監督の手腕は、やはり本物だと思うのだ。

 

Information

タイトル浅草キッド
製作年2021年
製作国日本
監督劇団ひとり
脚本劇団ひとり
撮影
出演
大泉洋
柳楽優弥
門脇麦
鈴木保奈美
土屋伸之
鑑賞環境インターネット(Netflix)
評価9点

 

Recommended

Watch Asakusa Kid | Netflix Official Site
Before he hit it big, Takeshi Kitano got his start apprenticing with comedy legend Fukami of Asakusa. But as his star rises, his mentor's declines.

画像引用:https://www.netflix.com/title/81317135

コメント

タイトルとURLをコピーしました