「ジョジョ・ラビット」映画レビュー “靴ひもぎゅっと、イマジナリーフレンドを超えてゆけ !”

ジョジョ・ラビット2020☆Brand new Movies

ジョジョ・ラビット

評価: 8点

Story

10歳のジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、ひどく緊張していた。今日から青少年集団ヒトラーユーゲントの合宿に参加するのだが、“空想上の友達”アドルフ(タイカ・ワイティティ)に、「僕にはムリかも」と弱音を吐いてしまう。アドルフから「お前はひ弱で人気もない。だが、ナチスへの忠誠心はピカイチだ」と励まされたジョジョは、気を取り直して家を出る。 公式サイトより

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

Review

強く美しい母親が、愛する息子に向けてカチッと独特の“ウィンク”をする。
もしかしたら、あのウィンクは所在不明の夫が、彼女に対してよくしていた“仕草”なのかもしれないな。と、思った。

そんなことを暗示する描写は特に何もないのだけれど、非情な戦乱の中、優しく、明るく、息子を愛し、「できること」をし続けるこの気高き女性は、きっと壮絶な経験と、深い愛情に包まれた、濃密な人生の上に立っているのだろうということを想像させた。

そういうことを何よりも先んじて言及したくなるくらいに、スカーレット・ヨハンソン演じる主人公“ジョジョ”の母“ロージー”のキャラクター造形が素晴らしく、この映画の根幹を担っていたことは間違いない。
詰まるところ、彼女の一つ一つの言動こそが、息子に対する“愛情”と“導き”であると同時に、この映画のテーマに対する「真理」であった。

「愛は最強の力よ」と、母親は息子に言う。

戦禍の混乱と、人間の心の闇が渦巻く状況下でのその彼女の台詞は、字面のみを捉えれば、無責任で能天気な印象を受けるかもしれない。
しかし、母親であり、一人の女性であり、信念を持って生きる人間である彼女が放つその台詞には、彼女の「人生」そのものに裏打ちされた言葉以上の重みと意味が内包されていた。
彼女はその言葉を息子に向けて発してはいるが、彼に対して背を向けており、目線はどこか遠くを見ているようでもあった。

その他の数々の台詞や行動においても、その一つ一つが魅力的かつ説得力をもって、息子と、我々観客に突き刺さるのは、それらの言動の裏に見え隠れする彼女の人生に、ドラマ性と真実味を感じるからだ。

劇中、主人公の母親についての描写は、敢えて意識的にぼかされている部分が多い。
2年間音信不通の夫の正体、長女の死の真相、サム・ロックウェル演じるクレンツェンドルフ大尉(最高!)との関係性、そして「できること」をする理由と、“あのようなこと”になってしまった事の顛末。

そこには、メインストーリーとして描かれる主人公の少年の葛藤と並行して展開していたのであろう重厚なサイドストーリーがあるに違いない。
(そのサイドストーリーの映画化も充分にあり得るのではないか。そのためのスカーレット・ヨハンソン起用だったことも充分に考えられる。)

随分と主人公の母親の話を長々と綴ってしまったが、無論この映画は10歳の純粋な少年の目線から描き出される確固たる「戦争映画」である。
ただし、その表現方法はまったくもってオリジナリティ豊かなイマジネーションに満ちあふれていた。
その特異な映画世界には、「マイティ・ソー」を次元を超越した“極彩色映画”に転じさせてみせたタイカ・ワイティティ監督の異才がほとばしっている。

今まで観てきたどの戦争映画よりも“可笑しい”。そして、だからこそあまりにも“悲しい”。

混乱の最果て、“滑稽さ”が極まる戦禍の只中に放り込まれる少年。
戦場シーンは数多の映画で観てきたけれど、少年が信じた全てのものが、脆く、愚かに、崩壊していく様を目の当たりにして、只々涙が止まらなかった。
そこに映し出されていたものは、通り一遍的な激しい戦場の凄惨さではなく、10歳の少年の心を蝕み覆い尽くす「絶望感」そのものだった。

“世界の終わり”を、その小さな身体一つで受け止めて、あまりにも大切なものを失い、深く大きく傷つき、それでも少年は命をつなぐ。
結べなかった靴ひもをぎゅっと結び止め、“独裁的”なイマジナリーフレンドを窓の外に蹴り飛ばす。
それは「鏡」に映った自分が、本当の意味で大人になった瞬間でもあった。

ジョジョよ、さあ踊ろう。好きなだけ、自由に、踊ろう。

 

Information

タイトルジョジョ・ラビット Jojo Rabbit
製作年2019年
製作国ドイツ/アメリカ
監督タイカ・ワイティティ
脚本タイカ・ワイティティ
撮影ミハイ・マライメア・Jr
出演ローマン・グリフィン・デイヴィス
トーマシン・マッケンジー
タイカ・ワイティティ
スカーレット・ヨハンソン
サム・ロックウェル
レベル・ウィルソン
ティーヴン・マーチャント
アルフィー・アレン
アーチー・イェーツ
鑑賞環境映画館(字幕)
評価8点

 

画像引用:FOX SEARCHLIGHT PICTURES

コメント

タイトルとURLをコピーしました