「キャッツ」映画レビュー “猫の猫による猫のための猫映画”

キャッツ2020☆Brand new Movies

キャッツ

評価: 5点

Story

ロンドンの片隅でゴミ捨て場に迷い込んだ臆病な一匹の白猫ヴィクトリア。そこは“ジェリクルキャッツ”と呼ばれる個性豊かな猫たちが集う不思議な世界。そして今宵は、不思議な力を持つ長老猫オールドデュトロノミーによって新たな命を生きる一匹の猫が選ばれる特別な夜だったのだが…。公式サイトより

『キャッツ』日本版予告
映画『キャッツ』2020年1月24日(金)全国ロードショー 世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」が待望の実写映画化!最高峰の製作陣と、多彩なジャンルから集結した珠玉の超豪華キャストが贈る極上のエンターテインメント。

 

Review

本格的な舞台ミュージカルを観劇した経験が無いので、勿論「キャッツ」というミュージカルを観たことはない。
無論、タイトルくらいは聞き馴染みがあるけれど、どのような物語なのかすら無知な状態で、映画鑑賞に至った。

映画作品として食指が動いた理由は、ミュージカル映画そのものは好きであるということ、「レ・ミゼラブル」「リリーのすべて」のトム・フーパーが監督であるということ、そして何よりも“猫”の造形に言葉にならない“異様さ”を感じたからだ。

「キャッツ」が猫の世界を描いていること自体は、物語を知らなくても何となく想像できていたけれど、予告編で流れた映像から、キャラクター造形が常軌を逸していることは明らかであり、そのビジュアルはある意味衝撃的だった。
絶妙なセクシーさと、絶妙な気味悪さ、総じて言える「奇妙」さは、何かフツーじゃない映画を観させてくれるのではないかという期待感を生んだ。

結果的に言うと、その期待感は決して外れてはいなかった。

全身CG処理された“猫人間”が繰り広げるパフォーマンスは、予告編を観た時と同様に衝撃的だったと言える。
世間一般では、そのCG合成による“気味悪い”レベルの艶めかしさに対してストレートに嫌悪感を抱く人も多いようだが、個人的にはその行き過ぎた感じがキライじゃなかった。

アレが「猫」かどうかは置いておいて、人間界以外の世界を描く物語として、生々しい生物感を表現しようとした試みは、方向性的に正しかったと思える。

ただし、明確な難点の一つとして、映像世界全体をCGに頼り過ぎてしまっている印象は覚える。
CGとリアルな撮影素材の境界が混濁してしまっていることにより、演者たちのパフォーマンス自体もどこまでが生身の動きなのかの判別が付きづらくなっている。
つまり、リアルなダンサーたちのライブ感がエモーショナルに伝わってこないのだ。

それはミュージカル映画が孕むべき「熱量」の欠落に直結することであり、決して小さくないマイナス要素だったと思う。

そして、個人的に何よりも衝撃的だったのは、「物語」がほぼ「物語」としての形を成してなく、「狂騒劇」とでも言うべき、理性が消失した“騒ぎ”の中で終止するということだ。

主人公の若猫がとある猫コミュニティに迷い込み、年に一度の“舞踏会”の狂騒に巻き込まれたかと思えば、入れ代わり立ち代わり“お披露目”される「演目」が延々と繰り広げられる。
そこには分かりやすい成長譚もなければ、恋愛模様や対立劇も無い。(実際は無いことはないが、どうでもいい感じで流される)

ただひたすらな猫たちの宴。まさに、猫の猫による猫のための猫映画。

ストーリーらしいストーリーが無いまま、どんどんとクライマックス的な展開に進んでいく常軌を逸した映画世界に対して、マタタビを嗅がされたように茫然自失状態であった。

面白かったか面白くなかったかで言うと、きっぱりと「面白くない」し、極めてバランスの悪い失敗映画だろうとは思う。
ただ同時に圧倒的に「変な映画」であったことも間違いないし、予想通りにその「奇妙」さはフツーじゃなかった。(ネズミとゴキブリを調教する“おばさん猫”のくだりとか最高にイカれてる)

大団円のラストシーンでジュディ・デンチ御大が“カメラ目線”で宣言してくる通り、要は「(私たち)お猫様の映画にとやかく言うんじゃないよ!」ということなのかもしれない。

 

「レ・ミゼラブル(2012)」
2012年、年の瀬。たぶん、今年一番泣いた。 生命をまっとうした人物たちが、人生の讃歌を高らかに歌い上げるラストシーンに涙が止まらなかった。 こんなにも泣くつもりはなかった。「レ・ミゼラブル」という物語については、原…more
「リリーのすべて」<9点>
原題は「The Danish Girl」、直訳すれば“デンマークの女の子”。 当然、主人公である“リリー”という「女性」を指しているだろう。また、“リリー”に最期まで連れ添った「妻」のことも指しているだろう。 ただそれな…more

 

Information

タイトルキャッツ CATS
製作年2019年
製作国アメリカ
監督トム・フーパー
脚本リー・ホール
トム・フーパー
撮影クリストファー・ロス
出演フランチェスカ・ヘイワード
ジェームズ・コーデン
ジュディ・デンチ
ジェイソン・デルーロ
イドリス・エルバ
ジェニファー・ハドソン
イアン・マッケラン
テイラー・スウィフト
鑑賞環境映画館(字幕)
評価5点

 

画像引用:https://www.latimes.com/entertainment-arts/movies/story/2019-12-09/golden-globes-oscars-predictions

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました