「Mank/マンク」映画レビュー “『ハリウッドは人を噛んで吐き捨てる』”

マンク2020☆Brand new Movies

マンク

評価: 7点

Story

アルコール依存症の脚本家ハーマン・J・マンキウィッツが「市民ケーン」の仕上げを急いでいた頃の1930年代のハリウッドを、機知と風刺に富んだ彼の視点から描く。 公式サイトより

『Mank/マンク』予告編 - Netflix
『Mank/マンク』は、一部劇場にて11月20日 (金) 公開、Netflixでは12月4日 (金) より配信スタート。出演はアカデミー賞受賞のゲイリー・オールドマン、アマンダ・セイフライド、リリー・コリンズ、アーリス・ハワード、トム・ペルフリー、サム・トラウトン、フェルディナンド・キングズレー、タペンス・ミドル...

 

Review

「ハリウッドは人を噛んで吐き捨てる」

これは、映画「エド・ウッド」の劇中で、実在の悪役俳優ベラ・ルゴシを演じたマーティン・ランドーの台詞だ。
エド・ウッドは、奇しくもオーソン・ウェルズと同時代に“史上最低監督”として悪名を馳せ、ウェルズとは対照的な立ち位置で、今もなおカルト的な人気を博している映画監督である。

ティム・バートン監督作の「エド・ウッド」は個人的なオールタイムベストの上位に長年入り続けている大好きな作品なのだが、今作を観ていて、その“悪役俳優役”の台詞を思い出さずにはいられなかった。

それは、この映画が、時代を超えて、業界や、社会や、もしくはもっと大きな“仕組み”の中で使い捨てられる人々の苦闘と反抗を描いているからに他ならない。
今、このタイミングで、今作がWeb配信主体で全世界公開された「意図」は明らかであり、現代社会に対する社会風刺的かつ政治的なメッセージも強い作品だったと思う。

まさに今の時代も、ハリウッドの内幕に留まらず、社会全体が人を噛んで吐き捨てている。

巨大な組織、社会、国家に対して、「個」の力は小さい。そして、脆弱な「個」は、この世界の傲慢さに都合よくないがしろにされ、“消費”されている。
でも、だからと言って、「会社が悪い」「社会が悪い」「国が悪い」などと、ただ愚痴を並べたところで何も好転はしない。
状況を打開するのは、いつの時代も、小さくも強かな「個」の力なのだ、と思う。

「市民ケーン」の共同脚本を担った主人公ハーマン・J・マンキーウィッツ(マンク)は、業界に対する失望とアルコール依存に押し潰されそうになりつつも、後に映画史の頂点に立つ作品の脚本を書き上げる。
それはまさしく、業界に使い捨てられた者の意地と抗いだった。

 

80年前の時代を懐古的な映像表現で精巧に描き出しつつも、前述の通り、そのテーマ性は極めてタイムリーな作品だった。
Netflix配信の映画らしく、忖度しない踏み込んだ表現ができたことは、デヴィッド・フィンチャーとしても監督冥利につきたことだろう。
デヴィッド・フィンチャー監督に限らず、マーティン・スコセッシやスパイク・リーなど、多くの巨匠が「Web配信」へと映画表現のフィールドを変えていっていることはある意味致し方ないことだろうと思える。
作家性が強い映画監督であればあるほど、その主戦場を「劇場公開」から「Web配信」へ移行しようとする潮流は、もはや止められないとも思う。

ただ、その一方で、今作が映画作品として完璧に「面白い!」と思える「作品力」を備えているかというと、一概にそうは言えないと思う。
その他のWeb配信映画にも総じて言えることだが、作り手の作家性やメッセージ性が強くなる半面、ともすれば独りよがりになっていたり、作品時間が長すぎるなど、小さくないマイナス要因も見え隠れする。

新作映画のWeb配信が活性化することで、映画表現の幅が広がることは、映画ファンの一人として複雑ではあるが、喜ぶべきことだろう。
しかし、何事においても、“「自由」になればなるほど「自由」ではなくなる”、という矛盾した真理を孕んでいるものだ。
「自由に作ってくれ」と言われて、喜ばない映画監督はいないと思うが、その上で、結果として万人が面白い映画を生み出すことができる映画人は相当限られるだろう。
映画表現の幅が広がるということは、同時に、これまで「制限」の中で才能を発揮してきた映画人たちの新たな資質を問われるということなのだと思う。

「映画」という表現が、その形態を変えざるを得ない時代において、この先どのように進化していくのか。
それこそ、80年前にオーソン・ウェルズが成したような「革新」が今まさに求められているのかもしれない。

 

「市民ケーン」<7点>
世界のすべてを手に入れ、そしてそのすべてを失った男の一生。 でも、本当は、“そり”で遊んだあの雪の日から、彼は何も得ていなかった。 時と共に益々深まる喪失感を、ありとあらゆる欲望で埋め尽くそうとする日々を妄信的に過ごした男の悲し…more
「アイリッシュマン」映画レビュー “Netflixの猛威!映画の「軸足」は変わらざるを得ないのか”
映画「アイリッシュマン」レビュー・ネタバレ批評・感想
「ザ・ファイブ・ブラッズ」映画レビュー “彼らが抱えた罪と罰。そして、Wakanda Forever”
世界は相も変わらず混迷している。 黒人男性銃撃による世界的波紋と怒り、トランプ政権への信を問われ二分するアメリカ、そして、チャドウィック・ボーズマンの突然すぎる訃報。 ぶちまけられた怒りの矛先は一体どこへ向かうのか。

 

Information

タイトルMank/マンク MANK
製作年2020年
製作国アメリカ
監督
デヴィッド・フィンチャー
脚本
ジャック・フィンチャー
撮影
エリク・メッサーシュミット
出演
ゲイリー・オールドマン
アマンダ・セイフライド
チャールズ・ダンス
リリー・コリンズ
アーリス・ハワード
トム・ペルフリー
サム・トラウトン
タペンス・ミドルトン
トム・バーク
ジョセフ・クロス
鑑賞環境インターネット(Netflix・字幕)
評価7点

 

Recommended

Mank/マンク | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
アルコール依存症の脚本家ハーマン・J・マンキウィッツが「市民ケーン」の仕上げを急いでいた頃の1930年代のハリウッドを、機知と風刺に富んだ彼の視点から描く。

画像引用:https://www.netflix.com/jp/title/81117189

コメント

タイトルとURLをコピーしました