「メン・イン・ブラック:インターナショナル」映画レビュー “やっぱりK&Jのハードルは高かった”

メン・イン・ブラック インターナショナル2021☆Brand new Movies

メン・イン・ブラック インターナショナル

評価: 3点

Story

新チームの新ミッション、それは・・「MIB内部に潜むスパイを探せ!」 本作で新たなコンビを結成しMIB内部のスパイ摘発ミッションに挑むことが明かされている、MIBニューヨーク本部のエリート新人女性エージェントM(テッサ・トンプソン)と、イケメンだけどチャラ男風の先輩エージェントH(クリス・ヘムズワース)。世界中ところ構わずスペースガンや飛行型バイクをフルパワーでぶっ放す、性格大違いの<男女チーム>がこの重要任務をどんな形で解決していくのか予測不能!! Filmarksより

映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』予告4 6月14日(金)公開
映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』6月14日(金)公開!地球は、ド派手に裏切られる。◆公式サイト:◆公式Twitter: ◆公式Facebook:

 

Review

「メン・イン・ブラック」を初めて映画館で観た1997年から24年も経ったかと、勝手に感慨深い。
同シリーズは、トミー・リー・ジョーンズ演じる“K”と、ウィル・スミス演じる“J”によるバディ感のバランスが抜群で、そのキャスティングが成功要因の大部分を占めていると言って過言ではなかろう。
そして、肩の力を抜いたアクションコメディを大映しにしつつも、きちんとSF的なアイデアも盛り込み、「映画」としてしっかりと仕上がっていることを観るたびに噛みしめることができる。
流石は、スティーヴン・スピルバーグを筆頭にした当時のハリウッドのトップランナーたちが集結してクリエイトされた大エンターテイメントだと思う。

パート2もパート3もそれぞれ面白く、クオリティーの高い人気シリーズだったが、パート3にて“K&J”のストーリーは綺麗に収束していたので、この新作においてキャストが一新されたこと自体に否定的な気持ちは無かった。
むしろ、クリス・ヘムズワース&テッサ・トンプソンという、“アスガルドの神々”コンビのキャスティングに対して、MCUファンとしてニヤリとせずにはいられなかった。
“K&J”が、人種と年の差を超えたバディムービーを構築していたことに対して、今作の“H&M”は、人種と男女差を超えたバディムービーを構築するという趣向も、新世代の「MIB」として相応しかったと思える。

オープニングクレジットのフォントスタイルをはじめ、久方ぶりの「MIB」の世界観は懐かしさもあり、楽しかったとは思う。
ただし、映画全体としての完成度を俯瞰すると、あらゆる面における“中途半端感”が否めない。

新しい主人公コンビは、前述の通りフレッシュで魅力的だったけれど、それぞれのキャラクター性があまりにも弱い。
比較するのはお門違いだろうが、エージェントHは“ソー”と比べると「脳筋バカ」な愛らしさに欠けているし、エージェントMも“ヴァルキリー”と比べると王子を凌駕するほどの颯爽さに欠けているなど、キャラ的な物足りなさが際立ってしまっている。
その点においては、旧シリーズの“K&J”がいかにバランス良くふざけきった名コンビであったかを思い知った。

脇を固める配役も中々豪華なのだが、リーアム・ニーソンにしても、レベッカ・ファーガソンについても、おざなりなキャラクター造形を否めず、両俳優のファンとしては残念だった。

ストーリー展開においても、「インターナショナル」というタイトルが示すように、スパイ映画よろしく世界中を駆け巡りはするが、そこにストーリーテリング上の必要性を感じず、無駄な場面展開で製作費と尺を浪費しているように感じてしまった。

どうやら、製作過程において、監督とプロデューサー間で揉めに揉めた現場だったようで、当初の脚本から大幅に様変わりしてしまっているらしい。
当初の脚本では、昨今の「移民問題」に対する提起も含まれていたというから、そういうテーマがしっかり描ききれていたならば、世界を股にかける話運びも効果的に機能したのであろうし、“アスガルドからの移民”である主演コンビによるメタ的な面白味も増幅されていたに違いない。

巨額の製作費を扱う大バジェット映画になればなるほど、それに携わる人間同士の問題が、作品の出来栄えにむしろ顕著に表れるのかもしれないなと、一組織人としては身につまされたり。
さて、気を取り直して、1997年の第一作でも見直そうかなと。

 

おヒサシネマ! 「メン・イン・ブラック」
1500年前地球は宇宙の中心と考えられていた 500年前まで地球は平ら 15分前まで君は宇宙人を信じていなかった 常識なんて儚いものさ という台詞は、トミー・リー・ジョーンズが新人エージェントしてウィル・スミスを…more
「メン・イン・ブラック3」
まず、“パート2”の公開からもう既に10年も経っているということに、色々な意味で唖然としてしまう。 先日、“パート1”がテレビ放映されているのをチラリと見たが、ウィル・スミスもトミー・リー・ジョーンズも当然ながら若い。逆に…more

 

Information

タイトルメン・イン・ブラック:インターナショナル MEN IN BLACK INTERNATIONAL
製作年2019年
製作国アメリカ
監督
F・ゲイリー・グレイ
脚本
アート・マーカム
マット・ハロウェイ
撮影
スチュアート・ドライバーグ
出演
クリス・ヘムズワース
テッサ・トンプソン
エマ・トンプソン
リーアム・ニーソン
レベッカ・ファーガソン
レイフ・スポール
ロラン・ブルジョワ
ラリー・ブルジョワ
鑑賞環境インターネット(Netflix・字幕)
評価3点

 

Recommended

Amazon | メン・イン・ブラック:インターナショナル ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray] | 映画
クリス・ヘムズワース, テッサ・トンプソン, クメイル・ナンジアニ, レベッカ・ファーガソン, エマ・トンプソン, リーアム・ニーソン, F・ゲイリー・グレイ 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

画像引用:https://amzn.to/2QmaFcN

コメント

タイトルとURLをコピーしました