おヒサシネマ!「メン・イン・ブラック」“90年代ハリウッドの盤石な娯楽大作”

メン・イン・ブラック久々鑑賞☆おヒサシネマ!

メン・イン・ブラック

評価: 8点

Story

ニューヨーク市警の警官ジェームズは逃走中の犯人が人間でない事を知るが、その記憶は警察署に現れた黒服の男“K”によって消されてしまう。“K”はMIBと呼ばれるエイリアン監視組織の一員で、エイリアンを追跡したジェームズの腕を認めて彼を組織にスカウトする。ジェームズは一切の過去を抹消しMIBの新たなるエージェント“J”として生まれ変わり、“K”とコンビを組む事になった。一方、地球に無断で侵入して来たUFOが惑星壊滅を企む昆虫型エイリアンの物だと判明、そいつは友好的なエイリアンの皇族を暗殺し、“銀河”と名付けられた未知のエネルギー体を手に入れようとしていたのだ……。 allcinemaより

 

 

Review

キャストが一新された「メン・イン・ブラック:インターナショナル」を観て、改めてオリジナルコンビによる卓越した娯楽性が懐かしくなった。

久しぶりにシリーズ第一作である今作を観て、純粋に楽しかったと同時に、既にSFコメディ映画として“クラシック”となっているこの映画のクオリティの高さを感じた。
ハリウッドスターとしての隆盛を極めていた90年代のトミー・リー・ジョーンズと、人気ラッパーから一躍ハリウッドスターとして売出し中だったウィル・スミス。その主演コンビのスター性が織りなすエンターテイメント力の高さは言わずもがな。
加えて、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、バリー・ソネンフェルド監督の布陣によるエンターテイメント対策をクリエイトする体制が万全だった。

 

「メン・イン・ブラック:インターナショナル」映画レビュー “やっぱりK&Jのハードルは高かった”
久方ぶりの「MIB」の世界観は懐かしさもあり、楽しかったとは思う。 ただし、映画全体としての完成度を俯瞰すると、あらゆる面における“中途半端感”が否めない。

 

Information

タイトルメン・イン・ブラック MEN IN BLACK
製作年1997年
製作国アメリカ
監督
バリー・ソネンフェルド
脚本
エド・ソロモン
撮影
ドン・ピーターマン
出演
トミー・リー・ジョーンズ
ウィル・スミス
リンダ・フィオレンティーノ
ヴィンセント・ドノフリオ
リップ・トーン
トニー・シャルーブ
シオバン・ファロン
リチャード・ハミルトン
フレドリック・レーン
鑑賞環境インターネット(Amazon Prime Video・字幕)
評価8点

 

Recommended

Amazon | メン・イン・ブラック 4ムービー・コレクターズBOX(ブルーレイセット)(初回生産限定) [Blu-ray] | 映画
クリス・ヘムズワース, テッサ・トンプソン, クメイル・ナンジアニ, レベッカ・ファーガソン, エマ・トンプソン, リーアム・ニーソン, F・ゲイリー・グレイ 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

画像引用:https://amzn.to/3z8mDXU

コメント

タイトルとURLをコピーしました