「ザ・サークル」映画レビュー “避けられない「未来」と、「悪人」になりきれないトム・ハンクス”

ザ・サークル2020☆Brand new Movies

ザ・サークル

評価: 4点

Story

世界No.1のシェアを誇る超巨大SNS企業〈サークル〉。憧れの企業に採用され、奮起する新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件をきっかけに、創始者でありカリスマ経営者のイーモン(トム・ハンクス)の目に留まり、自らの24時間をすべて公開するという新サービス〈シーチェンジ〉のモデルケースに大抜擢される。瞬く間に1000万人超のフォロワーを得て、アイドル的な存在になるのだが―― Amazon より

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

Review

トム・ハンクスが新型コロナウイルス感染との報を受け、映画ファンとして少なからず不安が深まる今日この頃。
世界的スターや著名人における感染の報を聞くと、いよいよ“パンデミック”の様相だなと流石に危機感は募る。

そんなわけで、名優トム・ハンクスを“応援”する意味も込めて、本作を鑑賞した。

基本的に、人格者の“善人”しか演じない印象のトム・ハンクスが、何やら悪意に満ちた人物像を演じている様は、公開時から気になっていた。
描き出されるテーマ的にも、2010年代以降世界を席巻し、もはやサーバースペースという領域を超えて、現代社会を“支配”しつつある“GAFAGoogleAmazonFacebookApple)”を筆頭にした巨大IT企業に対して、ほぼ名指しでその「功罪」を追求していることは明らかで、実際に各社のサービスに“依存”してしまっている“1ユーザー”として非情に興味があった。

が、鑑賞後の率直な感想としては「ひどく中途半端だな」というところ。
“社会風刺映画”として、消化不良感は否めないし、きっぱりと面白くはなかった。

いろいろと問題はあろうが、最たる弱点は、お話としての踏み込みの甘さだろう。
現実社会に君臨する“GAFA”に対して、ほぼ直接的に言及し、警鐘を鳴らしているわりに、肝心な部分で希薄さを感じてしまった。それは創作に当たっての「尻込み」と言ってもいいだろう。

最先端企業の革新的な価値と華やかさを魅力的に映し出しつつ、その巨大企業が生み出したツールやサービスを“ユーザー”である我々人間の一人ひとりがどう「活用」するのか?という問題提起。
そのストーリーの本筋は間違っていないし、やはり興味深い。ただストーリーの中で息づくキャラクターたちの描写があまりにも類型的で軽薄だった。

主演のエマ・ワトソンも、トム・ハンクスも、演者としてキャラクターにマッチしていたとは思うし、精力的な演技を見せていたとは思うけれど、人物描写の軽薄さが響き、人間としてまったく魅力的に映らなかった。
それはその他の脇役についても同様で、ジョン・ボイエガ(「スター・ウォーズ」シリーズ)やカレン・ギラン(「アベンジャーズ」シリーズ)ら割と豪華なキャスト陣が、何やら意味深で印象的な佇まいは見せてくれるが、言動や心理描写が尽く浅いので、「結局、何がしたかったの?」と思ってしまう。

トム・ハンクスは人間力の高いパブリックイメージを表面的には活かしつつ、行き過ぎた企業戦略を強行するCEO役を演じていたが、悪役に徹することができず、終始あまりにも中途半端な立ち位置だった。
ラスト、主人公の行動により、辣腕のCEOはどのような帰着に至ったのか。結果的に善人であったとしても、悪人であったとしても、その顛末はきちんと描くべきだったと思う。

一方で、ある意味“放りっぱなし”なエンディングを選んだ意図は理解できる。
詰まるところ、巨大なIT企業の英知と戦略がもたらした「未来」はもはや避けられるものではない。
現実社会においても、“システム”が進化していくことは止められないし、止めるべきではないだろう。
そこで頼らざるを得ないのは、結局、人間の「善意」だということ。爆弾も、核エネルギーも、その「発明」自体に罪はないわけで。罪の対象は、常に「人間」そのものである。

そういうこの映画の核心を、もっと深く抉り出せていたならば、この映画はこんな中途半端な“円”ではなく、もっと“尖った”作品になっていただろう。

 

エンドロールで、“ビル・パクストン”の名前を見て、難病を抱えた主人公の父親役だったことに気づいた。
が、その直後に「For Bill」の文字。この作品の直後に61歳の若さで亡くなったそうで。「アポロ13」「ツイスター」をはじめ、僕自身が映画を本格的に鑑賞し始めた90年代のハリウッド映画を彩った俳優の一人だったので、悲しい。

兎にも角にも、とりあえずトム・ハンクスは、コロナを治そう。

 

おヒサシネマ! 「アポロ13」
「アポロ計画」の特集番組を見ていると、無性にこの映画が観たくなった。 「月へ人類を送る」 あのJFKの号令から端を発した「アポロ計画」。NASAの大事業のハイライトはもちろん、1969年のアポロ11号による「月面着陸…more
おヒサシネマ! 「ツイスター」
ディザスター・ムービー(災害映画)が好きだ。 初めて映画館で観たディザスター・ムービーはこの“竜巻映画”だったと思う。 CGの発達により、よりリアルでより様々な「天変地異」を描き出すことが可能になり、今作以降、現在に至る…more

 

Information

タイトルザ・サークル THE CIRCLE
製作年2017年
製作国アメリカ
監督
ジェームズ・ポンソルト
脚本
ジェームズ・ポンソルト
デイヴ・エガーズ
撮影
マシュー・リバティーク
出演
エマ・ワトソン
トム・ハンクス
ジョン・ボイエガ
カレン・ギラン
エラー・コルトレーン
パットン・オズワルト
グレン・ヘドリー
ビル・パクストン
鑑賞環境インターネット(Amazon Prime Video・字幕)
評価4点

 

Recommended

Amazon | ザ・サークル [Blu-ray] | 映画
エマ・ワトソン, トム・ハンクス, ジョン・ボイエガ, カレン・ギラン, エラー・コルトレーン, パットン・オズワルト, グレン・ヘドリー, ビル・パクストン, ジェームズ・ポンソルト 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。
ザ・サークル (上) (ハヤカワ文庫 NV エ 6-1) | デイヴ エガーズ, 吉田 恭子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでデイヴ エガーズ, 吉田 恭子のザ・サークル (上) (ハヤカワ文庫 NV エ 6-1)。アマゾンならポイント還元本が多数。デイヴ エガーズ, 吉田 恭子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またザ・サークル (上) (ハヤカワ文庫 NV エ 6-1)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

画像引用:https://www.imdb.com/?ref_=nv_home

コメント

タイトルとURLをコピーしました