おヒサシネマ! 「美女と野獣」

久々鑑賞☆おヒサシネマ!

 

正月休みの最終日、自宅で親族との新年会を終えた後、膝の上の愛娘(4歳)と一緒に随分と久しぶりに今作を観た。
愛娘は途中、主人公が悪役を中心とした村人たちに迫害を受けるシーンを観た途端に号泣していた。
そして、ハッピーエンドでは明らかな多幸感に包まれていた。
子どもの感受性豊かな様は素晴らしいと思う。それをちゃんと引き出すディズニー映画はやはり素晴らしいと思う。

 

「美女と野獣 Beauty and the Beast」
1991年【米】
鑑賞環境:BS(吹替)
評価:8点(↑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました