「フライト」<9点>

2013☆Brand new Movies

 

いきなり映し出される或る女性の乳房。そして、その女性と一夜を共にしたらしい主人公は、元妻からの電話に叩き起こされ、苛立ち、子供の教育費の催促に億劫に応答しながら、真っ裸でうろつく女性の下半身を凝視する。

おおよそ“ロバート・ゼメキスの映画らしくない”そのアダルティーで、どこか退廃的なムードが漂う描写に「おや?」と思う。
どうやらこちらの想定外の映画が、これから展開されるらしいということは、この冒頭数分の映像で明らかだった。

機体トラブルによる旅客機墜落を奇跡的に回避した機長。「英雄」となるはずだった彼の血液からアルコールが検出されたことから生まれる疑惑。主人公は「英雄」なのか「犯罪者」なのか。
ストーリーの大筋はこのイントロダクションの通りである。しかし、この映画は、そこに隠された真実を追っていく類いのありふれたサスペンス映画ではない。
冒頭のシーンで明らかな通り、デンゼル・ワシントン演じる主人公が決して“清廉潔白”な人間ではないという事実からこの物語は始まる。

詰まるところ観客は、映画の序盤において、「英雄か?犯罪者か?」という問いに対して、「そのどちらも当てはまる」という答えを知ることになるのだ。
すなわち、この映画が伝えようとしているものが、主人公の社会的顛末などではなく、彼の人間としての「決断」に迫る物語であることに気付く。

人間は、歳を重ねるにつれ、自分の非を認めるということが困難になる。
それが内省的なものであればあるほど、曝け出し、悔いること自体に多大な勇気が必要になってしまう。
この映画が描くことはまさにそういうことだ。
大事故に遭遇し自らの功績により生き残った主人公が、強制的に自分自身を省みなければならない日々を経て、最終的にどのような道を選び取るのか。

そういうことが、非常に巧みな映画づくりの中で表現されている。
一見すると、無駄に思えたり、やけにまどろっこしく思えるシーンの一つ一つが、この映画が伝えるテーマに繋がっていき、上質なドラマに昇華される。
ロバート・ゼメキス監督の映画を久しぶりに観たが、安定した演出力もさることながら、齢60歳にして非常に精力的に新境地を開拓してみせたと思う。

 

「フライト FLIGHT」
2012年【米】
鑑賞環境:映画館(字幕)
評価:9点

コメント

タイトルとURLをコピーしました