「ダーティハリー」

2012☆Brand new Movies

 

サンフランシスコの深い青空を背景にして、ライフルの漆黒の銃身が伸びる。遠く照準の先には、真っ青なプールに映える黄色い水着を着た美女。冷淡な凶弾は音もなく美女を襲いあっさりとその命を奪う。
オープニングクレジットと共にサングラスをかけた“スター俳優”が颯爽と事件現場に現れ、映画が始まる。

冒頭数分間のこのシークエンスで、一気に映画の世界に引き込まれた。
「凄い映画だ」ということは、その時点で確信できた。そして、今この瞬間までこの映画を”未経験”だったことを後悔した。

あまりに有名なハードボイルド映画の「傑作」であることはもちろん知っていたけれど、今この時代に初めて観て、これほどまでに心底「格好良い」とあらゆる意味で思える映画だとは思わなかった。
全編に渡るカメラワークの格好良さ、音楽の格好良さ、台詞回しの格好良さ、そして何と言っても“クリント・イーストウッドの格好良さ”もうそれに尽きる。
世代的にクリント・イーストウッドという映画人に対して、“ベテラン名俳優”そして“名匠映画監督”としての認識が大部分を占めるので、“スター俳優”としての馴染みが実際無かった。
時を越えてようやく、クリント・イーストウッドという稀代のスター俳優に邂逅できた気分だ。

映画史に残る「傑作」故に、この映画の価値と見所は多岐に渡ると思う。
時代に楔を打つバイオレンス性、正義と法の矛盾に対しての憤り、娯楽映画における警察像の変遷、この映画を観たのは初めてだが、おそらく観る程に新しい発見があり面白味が深まるだろうと思える。

でも、個人的に何よりも重要視したいことは、やはり主人公の魅力に尽きると思う。
演じた主演俳優の時代を越える格好良さ、そして彼が演じたキャラクターの映画史上に残るアイコン性。
登場した瞬間に、当然の如く「ああ、ダーティハリーだ!」と初めて見る者にすら思わせるその強烈な個性。

この映画の主人公に、クリント・イーストウッドという俳優が起用されたのは、決して既定路線ではなく、様々な巡り合わせが重なった上でのことらしい。
だからこそ、その「誕生」は映画史にとって奇跡的なことだったと思う。

余談になるが、今回は某有料チャンネルの吹替え版で観た。
普段、吹替え版は殆ど観ないのだけれど、今作の最初の台詞ハリーの「ちくしょう」という一言を聞いた瞬間に、山田康雄氏版だと分かりそのまま堪能した。
想像するに、今作ほど日本語吹替えになることにより、映画に対しての愛着が殊更に高まり、面白味が深まった映画も珍しいのではないかと思う。
そういう部分もまた一つの奇跡だと思えてならない。

 

「ダーティハリー Dirty Harry」
1971年【米】
鑑賞環境:BS(日本語吹替)
評価:10点

コメント

タイトルとURLをコピーしました