「おおかみこどもの雨と雪」

2012☆Brand new Movies

 

「しっかり生きて」
自らが選んだ「道」に向かい親元を離れ旅立つ我が子。その背を見送りつつ、母親は絞り出すように、でも力強くそう言い放つ。
そこには、母親としての悲しみと喜び、その相反する二つの感情を平等に抱いた深い愛情が見事に表現されていて、涙が止まらなかった。

自分自身が人の親になって一年が経つ。
“子を育てること”の難しさを感じるなんてレベルではまだまだなくて、“新しい生命と生きていくこと”の難しさと果てしなさを日々感じている。
きっとどこまでいっても、その難しさが解消されるなんてことはなくて、むしろそれに伴う諸々の問題と共存していくことが、子を育て共に生きていくということなんだろうと思う。

この映画で描かれる「親子」の12年間には、まさにそういう親と子が共に生きていく上での普遍的な難しさと過酷さ、そしてそれらがあるからこそ生まれる惜しみない愛情が、数奇な運命に彩られて満ち溢れていた。

「狼男」という題材に“今更”な感じも確かに覚えた。
しかし同時に、もはや日本のアニメ界のトップランナーとしての地位を確立したと言って間違いないこの映画監督であれば、また新しい世界観を見せてくれるのだろうという期待感も大いに膨らんだ。
そうして目の前に映し出されたアニメーション世界は、古臭いとも言える普遍的なテーマを描きつつ、今までにない価値観と新しい感動を包括していた。

自然と人間の関係性、人間と異形種との関係性、親と子の関係性、この映画にはそういった様々な関わり合いにおける対峙を同時に描き、そして現代に置ける的確な“こたえ”を導き出していると思えた。
決して安直な「共存」を描くのではなく、それぞれの“良い部分”と“悪い部分”をちゃんと描き、必要な「距離感」を踏まえて明確な「価値」を導き出していると思った。
そういう簡単ではないことを、親子の物語としてそれぞれの人間描写の中で地に足を据えて堂々と表現している。

激情家で野性的だった少女は「人間」の道を歩み、軟弱で大人しい少年は「狼」の道を歩む。
それは、人間と狼の中間の存在として育った姉弟のそれぞれが、人間世界の素晴らしさ、自然世界の素晴らしさを見出した故の結論であり、二人には自らが選んだ「道」に対しての「覚悟」がきちんと表れていた。

そして、人間として生きることを決めた少女、狼として生きることを決めた少年、この二つの決断を生み出した礎は「母親」の存在に他ならないという事実。
ごく普通の小さな人間だった主人公が、「母親」という存在になることで、突如訪れた数奇な運命をすべて受け入れ、二人の小さな生命を守り生き抜いていく愛おしい力強さ。

母親のその“つよさ”が、この映画の最大の感動を生んでいる。
幼い我が子を両脇に抱えて、高らかに笑う姿は神々しさすら感じた。
なんて素晴らしい映画なんだろうと思った。

 

「おおかみこどもの雨と雪」
2012年【日】
鑑賞環境:映画館
評価:10点

コメント

タイトルとURLをコピーしました