「バイオハザード ディジェネレーション」<5点>

2013☆Brand new Movies

 

二日酔いで気分が最悪の休日の午前中。何もすることも、動く気力も無かったので、動画配信サービスをザッピングして、コンディション最悪の状態で観ても後悔しないであろうこのフルCGアニメ映画を鑑賞。
結果的には、想像以上に良く出来ているなとは思った。
上映時間も含めわりとボリュームもあり、この膨大な情報量を「構築」していく作業の果てしなさは、素人には想像もつかない。

カプコンのゲームシリーズは一切プレイしたことがない(僕には怖過ぎるので……)が、ミラ・ジョヴォヴィッチの映画版はシリーズ全作観ている。惰性的に。
今作は映画ではあるが、ゲームシリーズ中の一つのストーリーであるため、個人的には新鮮な要素が多く案外楽しめた。
映画版はシリーズが進むにつれ、原作であるゲームの世界観を無視したヒロインアクションとして暴走してしまっているが、今作はキャラクターも含めてきちんとゲーム的な要素を踏まえて展開していくので、よりゲームファン向けだったと思う。

ただし、やはりというか何というか、フルCGによる描写には、クオリティーの高さは感じるものの、あくまでゲームレベルでのクオリティーのため、人間描写がどこか滑稽に見えてしまう。子供の手の振り方は“カタカタ”と音が聞こえてきそうでコワかった……。
文字通りの“作り笑顔”や諸々の感情的な表情に対しては、どうしても感情移入できなかった。

もう少しストーリーやキャラクターに深みがあれば、そういったマイナス要素もカバー出来ただろうけれど、根本的な希薄さはやはり気になる。
二日酔い回復のための暇つぶしには充分事足りたけれど。

 

「バイオハザード ディジェネレーション Resident Evil: Degeneration」
2008年【日】
鑑賞環境:動画配信(字幕)
評価:5点

コメント

タイトルとURLをコピーしました