「突入せよ!あさま山荘事件」

2011☆Brand new Movies

 

日本の事件史に残る「あさま荘事件」を、敢えて警察組織側からの目線のみで描いた今作。
事件解決に挑む警察官それぞれの奮闘を描き連ねるものの、そこには爽快なヒーロー像は存在せず、むしろ時代の過渡期の中での警察組織の“未成熟さ”を如実に表していることが、とても興味深かった。

事件解決に挑んだ警察官たちの働きを美談的に描いたドキュメンタリーも多々あるであろう中、最もエンターテイメントに徹していいはずのこの映画が、現場に居合わせた人物たちの良い部分も悪い部分も含めた“人間らしさ”をありのままに描いていることに、作り手の潔さとそれに伴う説得力を感じた。

組織としてあまりに未完成な醜態をさらす映画の中の警察には、正直観ていて辟易してきた。
ただし、まだまだ経験値の乏しい“途上中”の国の中で起こった事件に対して、その対応に追われた警察の実態はまさにこのようなものだったのだろうと思えた。
そして、実際問題右も左も分からぬままで、文字通り命をかけて解決に臨んだ熱さには、作り物ではない感動を覚えた。

社会と組織がもっと成熟していれば、幾人かの命が消えることも無かったかもしれない。
でもいつの世であっても、“今”を生きる者は、そういう“命”の犠牲の上に立っているものだろうと思う。

 

「突入せよ!あさま山荘事件 THE CHOICE OF HERCULES」
2002年【日】
鑑賞環境:DVD
評価:8点

コメント

タイトルとURLをコピーしました