「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」

2011☆Brand new Movies

 

今年の年始にほとんど気まぐれで「ハリー・ポッター」シリーズの観ていなかった第3作から第6作を一気に観てしまい、その流れで最終作のパート1もDVDのレンタルが開始されるなり直ぐさま鑑賞した。
やっぱり、「好きな映画」とは言い難い映画シリーズだったけれど、これだけ作品を連ねるとそれなりに映画の世界観は深まってきたので、最終作パート2は同シリーズで初めて映画館で観てみようと考えていた。

おおかたの想定通りの大団円をつつがなく観終わり、世界的に人気シリーズのラストを観られたことに対する映画ファンとしての満足感を覚えつつ、「やっぱり好きな映画ではないな」という印象を改めて自分の中に認めた。

もうここまでシリーズ作が連なってしまえば、この映画に対する評価は、ファンか、ファンではないかということでそのまま二分化されるのだろうと思う。
映画として相対的に良いのか悪いのかなんてことは、もはやどうでもいいことなのだろうと思う。

そういう価値観を認めつつ、敢えてこの映画のファンでない者として言わせてもらうならば、もっと面白く見せる方法はいくらでもあるように思えてならない。

映画作品としては8作目にのぼり、魔法使いの世界観とキャラクター性は必然的に深まっている。
当然ながらこの最終作では、敵味方含めそれぞれのキャラクターの“顛末”が描かれる。
その描き方が極めて軽薄で盛り上がらない。
彼らそれぞれの生き様と死に様を、ベタに盛り上げて描くだけで、少なくともこの最終作のエンターテイメント性は“ファンでない者”をも引き込めるものになったと思う。

特に残念という気持ちもないが、勿体ないなあとは思った。

 

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 2」
2011年【英・米】
鑑賞環境:映画館
評価:6点

コメント

タイトルとURLをコピーしました