「Gガール 破壊的な彼女」

2011☆Brand new Movies

 

もしアメリカンコミックの典型的なスーパーヒーローが、恋愛偏差値の低い女性だったらどうなるか?
この映画はその一見他愛も無い想像を、真剣に具現化してみせたある意味まっとうなラブコメ映画だと思う。

主人公のスーバーガールにユマ・サーマンをキャスティングし、他の映画では見られない彼女の表情がまず楽しめる。
駄目男に恋をする可愛らしい表情から、一転嫉妬に怒り狂う恐ろしい表情まで、ユマ・サーマンがこれほど一つの映画でくるくると表情を変える様は観たことがなく、そのことが新鮮だった。

終始ドタバタのコメディ映画のように表現されているが、部分部分では、男性女性それぞれの本質を表さす様が描かれており、ただの低俗なユーモアでは留まらない質は持ち合わせていた。

ところどころ「そこまでユマ・サーマンにやらせていいのか」と思えるようなエロいシーンや台詞回しなどもあり、終盤の女同士の壮絶な争いまで、躊躇ない展開はこの映画のテーマ性に合致していたと思う。

ラストシーンに表されているように、結局、男性は本気になった女性には到底かなわず、大人しくビールでも飲んでいるしかない。
そういうことを怒濤のラブコメ展開の中で雄弁に語る映画である。

 

「Gガール 破壊的な彼女 My Super Ex-Girlfriend」
2006年【米】
鑑賞環境:BS
評価:6点

コメント

タイトルとURLをコピーしました