「アサルト13 要塞警察」

2011☆Brand new Movies

 

前々から気になってはいたのだけれど、いまひとつ手が伸びなかった今作。結論から言ってしまえば、まあテレビ放映されていたので一応録画しておいて暇な時に観るのに相応しい内容だったと言える。面白くないことも無いが、大したことは無い。

導入部は、主人公のイーサン・ホークは早速登場するものの、別の映画が始まったのか?と疑ってしまう程意外な展開で引き込まれた。
想像以上に画づくりもしっかりしていて期待は膨らんでいった。

主人公と対立(いや共闘?)するローレンス・フィッシュバーンをはじめ、ガブンリエル・バーンやジョン・レグイザモら実力のある俳優が脇を固めていたことも、映画として一定の質を保った要因だったとは思う。

設定は強引だが、果たしてどうなるのかというサスペンスフルな要素は終始味わえる。
しかし、最終的なオチや終着点は完成度が高いとは言えず、詰まる所「良くも悪くもない」という印象に行き着いてしまった。
必要最小限のキャラクターたちを生かし切れていなかったことも勿体なかった。もっとそれぞれのキャラクター性と役割を明確に描けば随分と面白くなったと思う。

今作を見終わってから、ジョン・カーペンター版のオリジナル作品のリメイクだったことを知る。
当然だろうが、オリジナル版の評価が高いようなので近いうちに観てみたいと思う。

 

「アサルト13 要塞警察 ASSAULT ON PRECINCT 13」
2005年【米・仏】
鑑賞環境:BS
評価:5点

コメント

タイトルとURLをコピーしました