「(500)日のサマー」

2011☆Brand new Movies

 

その昔、ある友人の恋模様のエピソードを聞いていると、度々「コーヒーに誘った」という内容が出てきた。
それを聞いた僕は、「コーヒーなんて誘ってどうするんだ?」とまるっきりピンと来なかった。
自分が関心を持っている相手とコーヒーを飲みながら話をするという選択肢自体が、当時の自分の中はなかった。
最近になって殊更に目につくのだが、欧米の映画では男女の会話の中で、「コーヒーでもどう?」という台詞というか“駆け引き”がしょっちゅう出てくる。
ああそうか、男女の駆け引きの中では、“コーヒーに誘う”という行為はものすごく一般的な常套手段なんだな。ということに今更ながら気付いた。
まあそんなことはこの映画には関係ないので、どうでもいい。

「運命」は「偶然」だと思うし、「偶然」は「運命」だと僕は思う。
だから、「すべての出来事は偶然だ」ということと、「すべての出来事は運命だ」ということは、まったくの同意だと思う。

“500日”という時間の中で、出会い、別れた男女の様を美しくユニークな映像世界の中で、切なくポップに描き出したとても良い映画だと思えた。
たとえ“1日”でも恋を経験した人であるならば、男女問わずに、どこかしらに共感できるポイントがあって、その可愛らしくも辛辣なシーンを目の当たりにして、胸がきゅう~っとなる映画だったと思う。

500日目の後に新たな“1日目”が始まる偶然。
500日目の後に“501日目”が始まる運命。
両者は平等に可能性を秘めており、それらを繰り返しながら、すべての人たちは“1日”を生きている。

 

「(500)日のサマー (500) Days of Summer」
2009年【米】
鑑賞環境:DVD
評価:9点

コメント

タイトルとURLをコピーしました