「007/慰めの報酬」

2009☆Brand new Movies

 

ダニエル・クレイブが“ジェームズ・ボンド”に扮する新007シリーズの第二作目。
前作「カジノ・ロワイヤル」の完成度がとても高かったので、必然的に続編への期待は高まっていた。
そしてもって、今作「慰めの報酬」も極めて完成度の高いエンターテイメントだった。「賞賛」に値する。

やはり、ダニエル・クレイブが良い。
ショーン・コネリーやロジャー・ムーアが演じた往年の「007シリーズ」に愛着がある世代にとっては、無骨でスマートさがないクレイブのボンド像は、お気に召さないという評価も聞く。
が、敢えて「未完成」のジェームズ・ボンドを描き直し、そこにダニエル・クレイブというワイルドさと危うさを秘めた俳優を配したことは、一つの趣向として圧倒的に正しい。

そして、そこにはこれまでのシリーズにはなかったシリアスさとリアリティがある。

「殺しのライセンス」というものが実際にあったとして、それを与えられる者に絶対的に必要なことは、「自らの感情をひたすらに抑えつける」ということだろう。
ただし、そんなことが端から出来る人間などいるわけがない。たとえいたとしても、そんな人間は“ヒーロー”として決して魅力的でないと思う。

“ライセンス”を与えられ、そこに求められる“絶対性”を極限の状態で徐々に越えていくプロセスこそ、“ジェームズ・ボンド”というキャラクターに対するリアリティだと思う。
その点で、この新シリーズはとても真摯に「007」という題材を捉えていると思うし、映画としての質の高さを誇っている。

「007/慰めの報酬 Quantum of Solace」
2008【英・米】
鑑賞環境:映画館
評価:9点

コメント

タイトルとURLをコピーしました