「ファンタスティック・フォー【超強力ユニット】」

2005☆Brand new Movies

 

アメコミブーム、ヒーロー映画ブームもそろそろ臨界点で、正直なところ新鮮味がなくなっているのは確実だと思う。
加えて、近年の秀逸なヒーロー映画の数々では、見事なビジュアルのアクション性はもはや当然の要素となっており、主人公であるヒーローの内面を繊細に描くことが必須となっている。

その点で、今作は乏しかったように思う。
設定自体かなり突飛ではなるが、不慮の事故によって望んでいない特殊能力を得てしまったわけだから、もう少し、キャラクター各々の内面的な葛藤があるべきではないか。
外見が変貌してしまったベン以外はが、わりとすんなり受けつけるのは、少し雑な感じたする。

アメコミの娯楽映画なんだから、そういう内面感情は必要ないという言うのなら、それでもいい。
でもそれならば、もっとストーリーや展開に“驚き”や“遊び”があるべきだと思う。
どうもキャラクターが全体的に中途半端に描かれ、ストーリーにも抑揚が乏しかった感が拭えない。

ただ、個人的には、こういうそれぞれが違う能力を持ったチームというネタに弱いので、それだけである程度は満足できた。

「ファンタスティック・フォー【超強力ユニット】 Fantastic Four」
2005年【米・カナダ・独】
鑑賞環境:映画館
評価:5点

コメント

タイトルとURLをコピーしました