「トムとジェリー」“世紀を超えて、仲良くケンカしな♪”

スバラシネマReview

 

評価:  7点

Story

大嫌いだけど、好き ―― ケンカばかりのトムジェリが〈まさかの友情〉で奇跡を起こす! とあるニューヨークの一流ホテルで、世界中が注目するセレブカップルの「世紀のウェディングパーティー」が行われることに。 ホテル中が準備に追われる中で、ある事件が起こる――あのいたずら好きネズミのジェリーがホテルに引っ越してきて大騒ぎ! 新人スタッフのケイラは急遽“ネズミ対策”で猫のトムをボーイとして雇うが、 トムとジェリーはニューヨーク中を巻き込んだ壮絶なおいかけっこを繰り広げ、 ついには“ある陰謀”に巻き込まれてウェディングパーティーを台無しにしてしまい―――。 クビになってしまったケイラのため、そして新郎新婦のため、ふたりはタッグを組むことに。 はたしてトムとジェリーは、最高のウェディングパーティーを開くことができるのか!? Filmarksより

映画『トムとジェリー』本予告 2021年3月19日(金)公開
誕生80周年記念!カワイくて超楽しい!会えばケンカばかりの『トムジェリ』が、NYで奇跡を起こす!?あの最強コンビがスケールアップして、ついに実写の世界へ!■映画『トムとジェリー』2021年3月19日(金)全国ロードショーオフィシャルサイト:オフィシャルTwi...

 

Review

テレビ放映を子どもたちが観ていたので、一緒に鑑賞。“金曜ロードショー”をまともに観るのも何年ぶりだろうか。
「トムとジェリー」は、自分の幼少時はもちろん、子どもたちが生まれた頃からよく観ていた。
言葉がわからなくとも、言語がわからなくとも、映し出されるコメディがただただひたすらに面白い。
それが、このアニメが世紀を越えて愛され続ける要因であることは明らかで、僕も子どもたちも、破茶滅茶で愛くるしいネコのネズミの狂騒劇に大笑いし続けてきた。

アニメーションと実写が融合して映画化された本作も、その狂騒劇の真髄はいかんなく発揮されており、真っ当に面白かったと思う。
実写映像の中にアニメのキャラクターが登場する作品は幾つも制作されてきたと思うが、よく考えれば「トムとジェリー」ほどその手法に相応しい作品も無いように思う。
マンハッタンの一流ホテルを舞台にして、ビル群と人間世界の中で、所狭しと大騒動を繰り広げる様は、言わずもがな娯楽性に溢れていた。

ストーリー展開自体はベタすぎるほどベタだったが、主演のクロエ・グレース・モレッツの愛嬌も手伝って、愛すべきファミリームービーに仕上がっていたと思える。

これからもいくつもの時代を越えて、彼らが仲良くケンカする様を見続けたい。

 

Information

タイトルトムとジェリー TOM AND JERRY
製作年2021年
製作国アメリカ
監督
脚本
撮影
出演
鑑賞環境TV地上波(吹替)
評価7点

 

Recommended

Bitly

画像引用:https://kinro.ntv.co.jp/article/detail/20230113

コメント

タイトルとURLをコピーしました