「ツーリスト」

2011☆Brand new Movies

 

この映画は、往年のハリウッドの娯楽作品に対する憧れと尊敬を、何よりも全面に押し出した作品だと思う。

「謎」に彩られたストーリーではあるが、そこに衝撃的な驚きやサスペンスは存在しない。
「存在しない」と言ってしまうと、語弊があるかもしれない。
この映画に溢れるサスペンスの性質は、古き良き時代のハリウッド映画のそれと合致するものであり、現代人が過去のサスペンスを見ても目新しい驚きを得られないように、敢えてそういう新しさを追い求める衝撃を避けているように思えた。

イントロダクションと、アンジェリーナ・ジョリー&ジョニー・デップというキャスティングにより、プロットと用意されているであろう結末は、容易に想像出来る。
ストーリー展開に対する純粋な驚きは、この映画には存在しない。

ただし、この映画はそれでいいのだ。

ケイリー・グラントやグレゴリー・ペックが出てきそうなクラシカルなエンターテイメントの中で、現代のハリウッドを代表する女優と俳優の色香を堪能しつつ、想定された結末に対して素直に満足感を覚えるべき映画だと思う。

往年の娯楽映画がそうであったように、魅力的な主演女優がこの世のものとは思えない美貌を振りまくだけで、映画というものは一定の価値を保つものだとも思う。

一人旅の列車の中で、急にアンジェリーナ・ジョリーに声をかけられたら……と考えると、ほとばしる高揚感を越えて、むしろゾッとするなあと思えてならない。

 

「ツーリスト The Tourist」
2010年【米・仏】
鑑賞環境:DVD
評価:6点

コメント

タイトルとURLをコピーしました