「カンフーハッスル」

2005☆Brand new Movies

 

“カンフーは香港映画のモノだ!”という強烈な意志に打ちのめされる(中国映画ですが敢えて“香港”と言わせてもらいます)。

ワイヤーアクション、CGの蔓延によりカンフーアクションはハリウッドをはじめ世界中の映画の中で見られるようになった。
キアヌ・リーブスのソレも、ユマ・サーマンのソレも確かに格好は良い。

でも改めて香港人によるカンフー映画を観た時、「ああ、やはり香港のカンフーは面白い」と安堵を伴った高揚感を覚えた(よれよれのおっさんがアクションをして画になる国が他にあるだろうか!)。

そう重要なのは、ビジュアル的な完成度や格好良さではなく、リアリティを超越したエンターテイメント性だ。
圧倒されるほどに娯楽的なキャラクター、遠慮を知らないCGとワイヤーアクション。
香港の伝統的な娯楽性を何の抵抗も無く増大させて魅せた、チャウ・シンチーの勇気に敬意を表する。

巷では、“ドラゴンボールのパクり”などという言葉を聞くが、それは正しくない。
なぜなら、ドラゴンボール自体が“カンフー映画”をモチーフに作られているのだから。

他国の様々な媒体と最新技術を経て、ついにカンフー映画は故郷に帰ってきたのだ。

 

「カンフーハッスル Kung Fu Hustle」
2004年【中・米・香】
鑑賞環境:映画館
評価:7点

コメント

タイトルとURLをコピーしました