2020-07

スバラシネマex

スバラシネマex「エージェント・オブ・シールド:シーズン5」“ようこそマルチバースの入り口へ”

“シーズン5”の世界観は、良い意味でも悪い意味でも「混濁」している。シーズン冒頭からシールドの面々が謎の集団に拉致られたかと思えば、舞台は「宇宙」を超えて、「未来」へという奇想天外な仰天展開。 (海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド:シーズン5」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
スバラシネマex

スバラシネマex「エージェント・オブ・シールド:シーズン4」“美人すぎるアンドロイドの「失恋」にはご用心”

シーズン4のストーリーラインのテーマはズバリ「アンドロイドの叛乱」。 ここにきて、「エージェント・オブ・シールド」は、“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”のスピンオフドラマシリーズであるという枠組みを飛び越えて、独自のSF展開を見せてくる。 (海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド:シーズン4」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「風の谷のナウシカ」“いのちは闇の中のまたたく光だ!!”

三十数年前、物心がつくかつかないか頃に初めて観た稀代のアニメ映画を、映画館で初めて観た。 コロナ禍で、新作映画公開延期が相次ぎ、映画館自体にも行きづらい状況が続いていたが、ようやく“解禁”という思いも込めて実に5ヶ月ぶりの劇場鑑賞。(映画「風の谷のナウシカ」レビュー・ネタバレ批評・あらすじ・エッセイ)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました