2014-12

☆スバラシネマAWARDS☆

スバラシネマAWARDS☆2014

<スバラシネマAWARDS☆2014> 2014年・大晦日 年末恒例「スバラシネマAWARDS☆2014」発表!! 今年観た映画をいつものように振り返ってみて、その特色を一言で表すならば、「破滅」の一言に尽きる。 特…more
2014☆Brand new Movies

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 」<10点>

<<ネタバレあり!>> 2014年の大晦日を迎えるのと時を同じくして、“叛逆”の物語を観終える。 しまった。一年間の大詰めのこのタイミングで観るにはあまりにインパクトが大きすぎた。 主人…more
2014☆Brand new Movies

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語」<9点>

どこかで予感していたことではあったけれど、この「劇場版」と銘打たれた“総集編”のクライマックスを観ながら、一つの「後悔」を感じずにはいられなかった。 それは勿論、このアニメのテレビシリーズ本編を先に観なかったことへの後悔だ…more
スポンサーリンク
2014☆Brand new Movies

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語」<7点>

とても“意地の悪い”アニメだ。 いかにも少女向けっぽいタイトルとキュートでロリータなキャラクター造形から映し出されるあまりにダークで辛辣な物語世界。 意図的に導き出されたその“ギャップ”は、意地悪で、もはや「悪趣味」に近…more
2014☆Brand new Movies

「黒薔薇の館」<8点>

この現世に「魔女」というものが存在するのならば、それは丸山明宏(美輪明宏)のことだと思う。 ちょうど10年前に、今作と同じく深作欣二監督作、丸山明宏主演の「黒蜥蜴」を初めて観た時と同様に、そう感じた。 インモラルなオ…more
2014☆Brand new Movies

「トラック野郎 御意見無用」<7点>

物凄くとっ散らかっていて雑で下品な映画である。 しかし、主演俳優のほとばしる「熱量」のみで、無双の娯楽映画に仕上がっている。 諸々の表現やストーリー展開も含めて、決して褒められた映画でないことは明らかだろう。 …more
2014☆Brand new Movies

「遙かなる山の呼び声」<9点>

“心が洗われる”とはこういうことか。と、思った。 北海道の雄大な自然の中で、人間が人間として“生きる”ことの難しさと、厳しさ、そしてそれらがあるからこそ見いだされる素晴らしさが、決して仰々しくなく少しずつ滲み出るように映し…more
2014☆Brand new Movies

「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」<5点>

タイトルが示す通り、なんとも「奇妙」な映画だった。 それは霊やら死神やらが登場することによる奇妙さではなく、娯楽映画として妙なバランスを見せる映画だったということ。 監督は、「ハムナプトラ」シリーズのスティーヴン・ソ…more
2014☆Brand new Movies

「ゴーン・ガール」<9点>

「怖えぇ…」 苦笑いを引きつらせつつ、そう思わず呟いてエンドロールを迎えた。 この“恐怖”は、必ずしも或る登場人物の狂気的な行為にのみ向けられたものではない。もっと普遍的な恐ろしさ、それこそ世界中の人々がその身を置いてい…more
2014☆Brand new Movies

「スター・トレック(1979)」<7点>

クライマックス、宇宙の果てで邂逅した機械生命体と人間が眩い光の中で「結合」する。 比喩でも揶揄でもなく、それは機械と人間との“セックス”だ。 字面だけを捉えれば、とても突飛でぶっとんだ表現だけれども、これこそがこのSF映…more
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました