「エクスペンダブルズ2」

2012☆Brand new Movies

 

悪党のボスとの“タイマン”を迎えたクライマックス、シルベスター・スタローンの太い腕がナイフを地面に突き立てる。
その“腕の太さ”は、単純な筋肉の誇示ではなく、この映画俳優が長年に渡り培ってきた成功と苦労の象徴のように見えた。

満を持してこの映画を観た翌日の日曜日、実家にて庭作業をする父親を手伝った。自分自身が育った分、当然ながら父親は確実に歳をとっている。その父親の腕と、前日に見た老アクションスターの腕が、見た目的にも、意味合い的にも、何だか重なって見えた。
もちろん良いところばかりではないが、自分がこの“腕”によって育てられてきたことは紛れもない事実であり、感謝をしなければならない。
そして、「映画鑑賞」という人生経験においても、シルベスター・スタローンをはじめとするこの映画に勢揃ったアクションスターたちの“太い腕”によって育てられたということは、たぶん間違いないことだと思う。

つまるところ、この映画が世界中のアクション映画ファンにとっての「夢」そのものであることは明らかだ。
登場人物たちまでもが口を揃えて「祭りだ」と口にするが、まさにその通り。こんな夢のような祭りが実現するなど、例えば20年前に誰が想像しただろう。
そんな「夢」の実現、そして彼らがそれぞれに苦心して経てきた映画人生そのものに、まず感謝せずにはいられない。

もちろん「完璧」などという形容が相応しい映画ではない。ただ、敢えて言うならば、「完璧」ではないことが「完璧!」と断言できる。
スタローンとシュワルツェネッガーとウィリスが、見紛うことなくそろい踏み、惜しげもなく銃器をぶっ放す。
ヴァン・ダムが、代名詞のハイキックを見事に繰り出し、極悪非道を演じる。
ラングレンは、現実の人生自体を自虐的に引用し、愛すべきいじられキャラに扮する。
ステイサムは、洗練された格闘とナイフアクションで、“現トップスター”の意地を見せる。
そして御歳“72歳!”のチャック・ノリスが、“伝説的”な立ち位置でオイシいところをかっさらう。
ストーリーにおける粗なんて本当にどうでもいい。これだけの要素が盛り込まれていて、他に何が要るのかという話だ。
「良い!」と思う全てのシーンにもれなく付随する“ほつれ”も含めて、この映画の不完全な完全さだと思う。

「大人の事情」をモロに感じてしまうジェット・リーの序盤での“里帰り”や、“マギー・チャン”役には何とかマギー・チャンを出してほしかったなどなど細かな物足りなさはあるにはある。
そして、セガールにスナイプスにヴィン・ディーゼル、女優陣ではシャロン・ストーンにデミ・ムーア、見たいヤツらはまだまだいる。
「5」あたりで超グダグダになることまで、アクション映画シリーズの“お約束”と想定に入れて、まだまだ“祭り”が観たい!

 

「エクスペンダブルズ2 THE EXPENDABLES 2」
2012年【米】
鑑賞環境:映画館(字幕)
評価:8点

コメント

タイトルとURLをコピーしました