スバラシネマex

スバラシネマex「エージェント・オブ・シールド:シーズン4」“美人すぎるアンドロイドの「失恋」にはご用心”

シーズン4のストーリーラインのテーマはズバリ「アンドロイドの叛乱」。 ここにきて、「エージェント・オブ・シールド」は、“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”のスピンオフドラマシリーズであるという枠組みを飛び越えて、独自のSF展開を見せてくる。 (海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド:シーズン4」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「風の谷のナウシカ」“いのちは闇の中のまたたく光だ!!”

三十数年前、物心がつくかつかないか頃に初めて観た稀代のアニメ映画を、映画館で初めて観た。 コロナ禍で、新作映画公開延期が相次ぎ、映画館自体にも行きづらい状況が続いていたが、ようやく“解禁”という思いも込めて実に5ヶ月ぶりの劇場鑑賞。(映画「風の谷のナウシカ」レビュー・ネタバレ批評・あらすじ・エッセイ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「ブラックパンサー」“見どころは釜山の超ハイテクカーチェイス”

公開当時は、「インフィニティ・ウォー」の直前ということもあり、MCUという大河の中においては“新参者”のヒーロー単独映画に対してそれほど期待値が上がらず、鑑賞後も本国での大盛りあがりに反して今ひとつノリ切れなかったことは否めない。ただ、改めて鑑賞してみると、分かりきったことであったが、エンターテイメントとしてのクオリティーは圧倒的であり、そりゃあ問答無用に面白い。(映画「ブラックパンサー」レビュー・感想・ネタバレ批評・エッセイ・あらすじ)
スポンサーリンク
スバラシネマex

スバラシネマex「エージェント・オブ・シールド:シーズン3」“彼らの苦悩は真のヒーローの宿命か”

「エージェント・オブ・シールド:シーズン3」はシーズン序盤から豪快なストーリーテリングを見せる。 「シーズン2」から継続して描かれる異星人(クリー人)の時代を超えた策略と遺物、そこから生み出された或るインヒューマンズの誕生の真相が、悪の組織ヒドラの創設の歴史とリンクするというまさかの展開。(海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド:シーズン3」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「シビルウォー/キャプテン・アメリカ」“雑な謀略にまんまとハマるヒーローたちの悲哀”

ストーリーの性質上、重々しくならざるを得ない展開において、様々なアイデアと大胆なストーリーテリングによるエンターテイメントのバランスが何度観ても秀逸。(映画「シビルウォー/キャプテン・アメリカ」」レビュー・ネタバレ批評・あらすじ・エッセイ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」“双子と現シールド長官に感謝すべき映画”

“シールド崩壊”を描いた「ウィンター・ソルジャー」に続いて、「エイジ・オブ・ウルトロン」を鑑賞。 本作で注目すべきキャラクターは、アイアンマンもなければ、キャプテン・アメリカでもない。 (映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」レビュー・ネタバレ批評・エッセイ・あらすじ)
スバラシネマex

スバラシネマex「エージェント・オブ・シールド:シーズン2」“エキサイティングなヴィランのキャスティング”

「エージェント・オブ・シールド:シーズン1」を観終えて、もはや引き返すことはできず「沼」にハマる覚悟を決めた。 その理由は勿論、このドラマシリーズがエンターテイメントとしてシンプルに面白かったからだ。(海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド:シーズン2」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
スバラシネマex

スバラシネマex「エージェント・オブ・シールド:シーズン1」“結局、MCUファンには避けて通れぬ「沼」”

2020年GW真っ只中の5月末日、コロナ禍で映画に行こうにも行かれず(そもそも新作映画が公開されていない)、自宅で鑑賞可能な未見映画にも何だか食指が動かず、ついに禁断のコンテンツに手を伸ばしてしまった。(海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド:シーズン1」レビュー・あらすじ・ネタバレ批評・エッセイ・感想)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」“On your left!”

2014年の劇場公開から6年、通算4度目の鑑賞。 鑑賞した日付を振り返ってみると、ちょうど2年スパンで再鑑賞に至っていることが、自分のことながら興味深い。 (映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」」レビュー・ネタバレ批評・エッセイ・あらすじ)
2020☆Brand new Movies

「エクスティンクション 地球奪還」映画レビュー “暗い瞳のマイケル・ペーニャと寂しい食卓”

95分という尺がSF映画としても、題材としても、適切であり小気味いい。必要以上に期待することなく、また勘繰る間もなく、まるで短編のSF漫画やSF小説を堪能したような感覚を覚えた。(映画「エクスティンクション 地球奪還」レビュー・エッセイ・ネタバレ批評・感想・あらすじ)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました