#トム・クルーズ

久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」

今夏のシリーズ最新作「フォールアウト」を鑑賞後、シリーズ過去作を鑑賞し直したが、「3」からこの「5」までの今シリーズの娯楽活劇としての「成長曲線」は、映画ファンにとってとてもハッピーなことだったと改めて痛感する。 「3 」…more
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」

アクション映画の“賞味期限”は得てして短いものだが、本当に面白い「娯楽活劇」は、時間が経過して何度観てもちゃんと面白い。 このシリーズ第4弾は、そういう類のまさしく娯楽活劇の傑作だと思う。 前作「M:i:III」は、決し…more
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「M:i:III」

前作「M:I-2」の“失敗”の影響も引きずり、興行収入的には落ち込んだシリーズ第3弾だが、最新作第6弾が公開された今振り返ってみれば、シリーズにおいても重要な価値を持った作品だと思える。 当時テレビドラマシリーズの成功によ…more
スポンサーリンク
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「ミッション:インポッシブル」

今夏の最新作「フォールアウト」にキーパーソンとして登場する武器商人の女が、シリーズ第一作でイーサン・ハントと駆け引きを繰り広げた“マックス”の娘という設定だったので、改めて今作を観返したくなった。 20年以上の月日を経て、…more
2018☆Brand new Movies

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」<8点>

このスパイ映画シリーズが、アクションエンターテイメントの最先端となって久しい。 毎年、数多のアクション映画が量産され続けているが、特に2011年の「ゴースト・プロトコル」以降は、“THE 娯楽活劇”のトップランナーであるこ…more
2017☆Brand new Movies

「ザ・マミー/呪われた砂漠の女王」<5点>

御年55歳の稀代のハリウッドスターが、相も変わらず“年不相応”な肉体とアクションをこれでもかと見せつける。 “彼”の映画愛と自己愛が常軌を逸しはじめて久しいが(褒めている)、今作でもその部分においては、世界の映画ファンの満…more
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ! ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」

前作「ゴースト・プロトコル」の成功に続き、愛すべき娯楽性を担保しつつ、エンターテイメント大作として「質」を高めた見紛うことなき傑作。 アクション映画史における今シリーズの価値を決定づけると同時に、映画人トム・クルーズの信頼…more
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ! 「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」

アニメーション映画の雄、ブラッド・バードが描き出したケレン味にあふれた娯楽大作。 前作「III」までは今ひとつ満足感を提供しきれていなかったシリーズだったけれど、今作は、シリーズにおいて幸福な転換をもたらした傑作だ。 …more
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ! 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

理不尽な運命に流されるままに、主人公は突如として人類存亡を欠けた戦争の最前線に送られる。 必然的に訪れる「死」、繰り返される一日、繰り返される「死」。 その設定そのものと、描かれ方は、他の多くの映画で表されたもので、…more
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ! 「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」

50歳手前のトム・クルーズが、とにかく走りまくり、飛びまくり、吹き飛ばされまくる映画だ。 この映画に対して「どういう映画だ?」と問われれば、こう答えたいと思う。 正直言って、彼のそのパフォーマンスだけでも「脱帽」だと言え…more
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました