#アクション

2020☆Brand new Movies

「イコライザー2」 “狂気の親切おじさん再登場”

冒頭、トルコの国鉄まで“出張”した主人公が、早速狂気的な正義感と親切さで悪党を撃滅する。 “正義の味方”とはいえ、相変わらずメチャクチャな暴挙に対して、カタルシスなどすっ飛ばして唖然としてしまう。 (映画「イコライザー2」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
2020☆Brand new Movies

「オールド・ガード」映画レビュー “兎にも角にもシャロン姐さんは永遠なり”

不可思議にも不死身の肉体を得てしまった戦士たちが、文字通り終わりのない死闘を繰り広げる物語。 “不死身の暗殺集団”という中二病的設定は、馬鹿馬鹿しくも感じるが、安直故に容易に想像できる彼らの「虚無感」を思うとグッとくる要素もあったのでまあ良しとしたい。(映画「オールド・ガード」レビュー・ネタバレ批評・あらすじ・感想・エッセイ)
スバラシネマex

スバラシネマex「エージェント・オブ・シールド:シーズン6」“アベンジャーズもサノスもいなくなった世界?”

前シーズン(シーズン5)でついに「多元宇宙」の存在を明確にし、“MCU”の本流に先行して“マルチバース”の入り口に我々観客を放り込んだ顛末は、これから新たなフェーズを迎えるMCUファンにとって、とてもエキサイティングだった。(海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド:シーズン6」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
スポンサーリンク
2020☆Brand new Movies

「プロメア」映画レビュー “彼らは「アニメ」で世界を救い続ける”

“縦横無尽”と“縦横無尽”が掛け合わされたようなアニメーションが、冒頭から怒涛のごとく繰り広げられる。(映画「プロメア」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
スバラシネマex

スバラシネマex「エージェント・オブ・シールド:シーズン5」“ようこそマルチバースの入り口へ”

“シーズン5”の世界観は、良い意味でも悪い意味でも「混濁」している。シーズン冒頭からシールドの面々が謎の集団に拉致られたかと思えば、舞台は「宇宙」を超えて、「未来」へという奇想天外な仰天展開。 (海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド:シーズン5」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
スバラシネマex

スバラシネマex「エージェント・オブ・シールド:シーズン4」“美人すぎるアンドロイドの「失恋」にはご用心”

シーズン4のストーリーラインのテーマはズバリ「アンドロイドの叛乱」。 ここにきて、「エージェント・オブ・シールド」は、“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”のスピンオフドラマシリーズであるという枠組みを飛び越えて、独自のSF展開を見せてくる。 (海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド:シーズン4」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「風の谷のナウシカ」“いのちは闇の中のまたたく光だ!!”

三十数年前、物心がつくかつかないか頃に初めて観た稀代のアニメ映画を、映画館で初めて観た。 コロナ禍で、新作映画公開延期が相次ぎ、映画館自体にも行きづらい状況が続いていたが、ようやく“解禁”という思いも込めて実に5ヶ月ぶりの劇場鑑賞。(映画「風の谷のナウシカ」レビュー・ネタバレ批評・あらすじ・エッセイ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「ブラックパンサー」“見どころは釜山の超ハイテクカーチェイス”

公開当時は、「インフィニティ・ウォー」の直前ということもあり、MCUという大河の中においては“新参者”のヒーロー単独映画に対してそれほど期待値が上がらず、鑑賞後も本国での大盛りあがりに反して今ひとつノリ切れなかったことは否めない。ただ、改めて鑑賞してみると、分かりきったことであったが、エンターテイメントとしてのクオリティーは圧倒的であり、そりゃあ問答無用に面白い。(映画「ブラックパンサー」レビュー・感想・ネタバレ批評・エッセイ・あらすじ)
スバラシネマex

スバラシネマex「エージェント・オブ・シールド:シーズン3」“彼らの苦悩は真のヒーローの宿命か”

「エージェント・オブ・シールド:シーズン3」はシーズン序盤から豪快なストーリーテリングを見せる。 「シーズン2」から継続して描かれる異星人(クリー人)の時代を超えた策略と遺物、そこから生み出された或るインヒューマンズの誕生の真相が、悪の組織ヒドラの創設の歴史とリンクするというまさかの展開。(海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド:シーズン3」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「シビルウォー/キャプテン・アメリカ」“雑な謀略にまんまとハマるヒーローたちの悲哀”

ストーリーの性質上、重々しくならざるを得ない展開において、様々なアイデアと大胆なストーリーテリングによるエンターテイメントのバランスが何度観ても秀逸。(映画「シビルウォー/キャプテン・アメリカ」」レビュー・ネタバレ批評・あらすじ・エッセイ)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました