2013-09

2013☆Brand new Movies

「最後の戦い」<5点>

「好きな映画は?」と問われると、いつも非常に困るのだが、なんだかんだ言ってもいつも5本の指に「レオン」が入ってしまう。ミーハーな映画ファンのようで気恥ずかしさも感じるのだけれど、好きなんだからしょうがない。実際、「レオン」は…more
2013☆Brand new Movies

「トランスポーター3 アンリミテッド」<5点>

良い意味でも悪い意味でも、「これぞトランスポーター」と言える映画だった。 ジェイソン・ステイサム演じる主人公の、プロフェッショナル精神をガンガン押し付けてくるわりには、あらゆる面で突っ込みどころ満載のキャラクターが健在…more
2013☆Brand new Movies

「NEXT -ネクスト-」<6点>

近年のニコラス・ケイジ主演映画は、しばしば評価が難しい。 大概、大して期待も出来ないB級娯楽映画である場合が多いので、そもそもハードルを上げる必要もなくサクッと観終わる。 期待感は極めて薄いので、「思ったよりは楽しんで最…more
スポンサーリンク
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ! 「めぐり逢えたら」

1990年代から映画をたくさん見始めた年代の者にとって、トム・ハンクスとメグ・ライアンという俳優は「絶対的」な存在であると言って間違いない。 もちろん、それぞれの出演作に駄作もあるが、彼らが映し出された画面を見た瞬間に「あ…more
2013☆Brand new Movies

「ラスベガスをぶっつぶせ」<6点>

MITの秀才を揃えた“ブラックジャック・チーム”が、ラスベガスに乗り込んで大金を荒稼ぎするという話。 ストーリーの肝となる“カード・カウンティング”の論理がちっとも理解し切れないことには、知能指数の差をあからさまにされてい…more
2013☆Brand new Movies

「マン・オブ・スティール」<5点>

プロローグ、“父親”にキャスティングされたアカデミー賞俳優が、ドラゴン(のような生物)にまたがり、過剰なまでのスペクタクルを繰り広げるワンシーンをIMAXの画面いっぱいに目の当たりにした時点で、“一抹の不安”は生じていた。 …more
2013☆Brand new Movies

「ザ・バンク -堕ちた巨像-」<6点>

ファーストカットのアップから始まり、終始、主演俳優クライヴ・オーエンの濃ゆい顔面が印象強い映画だった。 特に好きでも嫌いでもない俳優だけれど、改めて振り返ってみると、結構印象強い映画に多数出演しており、決して派手さはないけ…more
2013☆Brand new Movies

「横道世之介」<9点>

なんだかとてもふしぎな映画で、一回目観て、「良い映画だな」と思う反面、「一体何が良いの分からない」という、この映画の世界観の中を浮遊するような感覚を覚えた。しばらく経っても、ふわふわと落ち着かなかったので、160分のこの長い…more
2013☆Brand new Movies

「イップ・マン 葉問」<7点>

邦題「イップ・マン 葉問」は、同じ人名がただ並んでいるだけで意味不明だが、原題「イップ・マン2」もなんだか安いヒーロー映画みたいに思える。ただし、このタイトルには意味があると思う。 前作に引き続き、反日感情、さらには反…more
2013☆Brand new Movies

「イップ・マン 序章」<7点>

この映画で描かれる“イップ・マン(葉問)”という人物は、周知の通りあのブルース・リーの師匠として知られる人物である。 そのカンフースターであるブルース・リーや、その後を引き継いだジャッキー・チェンの映画を幼い頃から楽しんで…more
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました