2013-01

久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ! 「ACRI」

「ego ?(イーゴゥ?)」 と、海洋学者を演じる藤竜也が独特の言い回しで食い入るように応える。 このワンシーンを迎えるとついつい真似て声を被せてしまう。 個人的にフェイバリットな映画において、そういうことは多々あると…more
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ! 「特攻野郎Aチーム THE MOVIE THE A-TEAM」

民放の洋画劇場で放送していたのをチラリと観て、また無性に観たくなってしまい、その翌日TSUTAYAへ走った。 2010年の映画なので「おヒサシネマ!」というほど久々感はないのだけれど、やっぱりこのアクション映画の“大馬…more
2013☆Brand new Movies

「LOOPER/ルーパー」<9点>

主人公の殺し屋は、射程の短いラッパ銃を終始携帯している。 未来から送られてくる“ターゲット”を抹消するためだけの目的のその銃は、非常に不格好で何の希望も生み出さないように見える。 しかし、堂々巡り<ループ>の憎しみの螺旋…more
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ! 「ロード・オブ・ザ・リング – スペシャル・エクステンデッド・エディション -」

「ロード・オブ・ザ・リング」三部作の前日譚となる「ホビット 思いがけない冒険」を鑑賞したばかりだったので、この第一作目の“スペシャル・エクステンデッド・エディション”を久しぶりに鑑賞。 オリジナル版でも178分もあるのに、…more
2013☆Brand new Movies

「ホビット/思いがけない冒険」<6点>

「壮大」というよりは「膨大」な映像の“物量”に気圧された。 それがそのままエンターテイメント大作の質としてのパワーに直結して感じられたなら良かったのだけれど、鑑賞日は三が日の最終日、年末年始の疲労の蓄積がピークに達した状況…more
2013☆Brand new Movies

「フランケンウィニー(2012)」<7点>

「映画づくり」において、独自の世界観を貫き通すクリエイターは多々居るが、ティム・バートンという人ほどその特異な世界観を貫き通した上で、商業的な成功に長けた作品をコンスタントに生み出し続けているクリエイターは中々居ないと思う。…more
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました