2012-12

☆スバラシネマAWARDS☆

スバラシネマAWARDS☆2012

<スバラシネマAWARDS☆2012> 2012年も大晦日。 年末恒例「スバラシネマAWARDS☆2012」発表!! 総鑑賞本数:132本 平均点:7.17点 作品賞 ☆「SR サイタマノラッパー2 …more
2012☆Brand new Movies

「ベルフラワー」

日が変わり、クリスマス・イブとなった深夜、この映画を見終えた。 妻子持ちのため、クリスマスというイベントに「恋愛」が直接的に絡まないとはいえ、この頃合いにこの映画を観たということには、アンバランスさを感じはしたが、もう一つ…more
2012☆Brand new Movies

「ミッドナイト・イン・パリ」

主人公の婚約者を演じるレイチェル・マクアダムスの腰のラインが、さりげなくも妙に色っぽい。他にもマリオン・コティヤールをはじめ幾人か女優が出てくるが、どの女性もそれぞれ印象的に映る。 ウッディ・アレンという人は、相変わらず女…more
2012☆Brand new Movies

「レ・ミゼラブル(2012)」

2012年、年の瀬。たぶん、今年一番泣いた。 生命をまっとうした人物たちが、人生の讃歌を高らかに歌い上げるラストシーンに涙が止まらなかった。 こんなにも泣くつもりはなかった。「レ・ミゼラブル」という物語については、原…more
2012☆Brand new Movies

「メリダとおそろしの森」

巨大な熊と熊がぶつかり合うクライマックス。場合によりゃ最高に盛り上がるポイントに見えるのかもしれないが、ストーリーの流れを踏まえると、「自分は一体何を見ているのだろう?」と理解不能な異次元に放り出されたような気分になった。 …more
2012☆Brand new Movies

「007/スカイフォール」

地元の映画館に初めて導入されたIMAXで「007」の最新作を観た。 初体験の大画面の大迫力も手伝って、真っ当な映画娯楽を体全体で堪能出来たということが、とても喜ばしかった。 レイトショーを終えて映画館を出ると、突…more
2012☆Brand new Movies

「メランコリア」

はっきり言って、非常に感想の表現が難しい。 とてつもなく深遠な映画のようにも思うし、至極退屈で浅はかな映画のようにも思える。 監督自身が“鬱病”を患い、その自身の内情をそのまま映し出したかのような“悪い夢”のような映画だ…more
2012☆Brand new Movies

「ザ・レッジ -12時の死刑台-」

何よりもまず言いたいのは、「リヴ・タイラーがいい」ということ。彼女のファンならば、そりゃあ必ず観るべきだろうし、必ずしも彼女のファンでなくても気になる存在感を見せてくれるだろうし、三十代半ばにさしかかったこの女優の雰囲気に対…more
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました