2012-02

2012☆Brand new Movies

「ボルト」

「犬が主人公のアニメ映画ってのはあまり目新しさが無かろう」というのが、この映画が劇場公開された当時からレンタルショップで旧作として並んで久しい現在に至るまでの唯一の印象だった。 故に、いくら低迷していたディズニーが絶好調の…more
2012☆Brand new Movies

「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」

「アイアンマン」以降、ここ数年間のマーベル作品は、いよいよ公開間近の超大作「アベンジャーズ」の贅沢な「布石」としての立ち位置のものが多く、“祭り”開催前のカウントダウン的な高揚感を持てるかどうかで単体映画としての楽しめ方は大…more
2012☆Brand new Movies

「妻は告白する」

映画の最終盤、若き若尾文子が雨に打たれずぶ濡れになった姿で愛する男の前に現れる。その姿は狂気的で、あまりに美しい。 撮影を重ね、よほど感情を盛り上げて挑んだのだろうと思われたこの映画随一のそのシーンが、撮影初日に撮られたと…more
スポンサーリンク
2012☆Brand new Movies

「アンノウン」

<<ネタバレあり>> まず、リーアム・ニーソンがこの数年ですっかりアクション俳優づいていることに、何だか笑ってしまう。 まあ、やっぱり存在感はあるし演技の安定感も抜けているので、決して嫌いな俳…more
2012☆Brand new Movies

「メカニック(2011)」

ジェイソン・ステイサムという俳優が、もはや映画史において“クラシック”と化している「アクションスター映画」の主演を張れる現在唯一の存在だということを、今年に入って初めて観た彼の主演作の幾作かを見て認識しなおしている。 …more
2012☆Brand new Movies

「アンストッパブル」

鉄道職員の怠慢によって発生した暴走列車を同じく鉄道職員の機関士二人が決死の覚悟で止めるというお話。 実話を元にしているとはいえ、娯楽大作としてはいささか地味過ぎるのではないかと思ったが、それが存分に堪能出来るエンターテイメ…more
2012☆Brand new Movies

「エクスペンダブルズ」

決して“良い映画”ではない。粗ばかりの映画と言って過言ではないだろうし、他の本当に素晴らしい映画作品とそのまま比べてしまえば、そりゃあ蔑まれても仕方あるまい。 が、しかし、この映画に対して溢れ出る粗に対する批判など無意味だ…more
2012☆Brand new Movies

「ゴーストライター」

ロマン・ポランスキー監督の“巨匠ぶり”に改めて感じ入ることができる映画であることは間違いない。が、敢えて今回は主演のユアン・マクレガーに言及したい。 この10年の彼の出演映画はとても多作で、映画のタイプがとても多岐に渡…more
2012☆Brand new Movies

「TIME/タイム」

帰り道に寄った深夜のコンビニで、リキュールとバターピーナッツをレジに持っていき300円を財布から出しながら、「これだと“3分”くらいかな」とか思った。 よくある“近未来”、人類は遺伝子操作により25歳以降は肉体が衰えな…more
2012☆Brand new Movies

「マージン・コール」

「マージン・コールとは」と、Googleで検索し用語解説を読んでみたが、結局よく分からなかった。 したがって、この映画が描き出す金融世界の専門的な表現の部分は、観終わった今も殆ど理解出来ていない。ただし、この映画が描く物語…more
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました