2010-05

2010☆Brand new Movies

「ソラニン」

特別な才能か何かを持っているわけでないのなら、人生において、本当に思い悩み、混迷するのは、十代ではなく、二十代だと思う。 知識や経験が中途半端に蓄えられ、名実共に「大人」という現実を問答無用に突きつけられる。本当は、準…more
2010☆Brand new Movies

「カールじいさんの空飛ぶ家」

個人的な話になるが、結婚をして半年が経とうとしている。まだまだ「新婚」と堂々と言える頃合いに、普段映画を観ない妻と珍しく二人で鑑賞した。 結婚してからというもの、“夫婦愛”を描いた物語にめっきり弱い。 映画の中で描か…more
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ! 「タクシー・ドライバー」

ロバート・デ・ニーロは、誰もが認める大俳優で、それについて全く異論はない。 ただし、彼の主演映画の中で心から「大好きだ」と言える作品は、個人的に無い。 それが何故かというと、全てはデ・ニーロの俳優としてのパフォーマン…more
2010☆Brand new Movies

「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」

「エピソード2」と「エピソード3」の間に存在する「クローン戦争」をCGアニメで描いた「スター・ウォーズ」の番外編。 言わば「エピソード2.5」という位置づけではあるが、ストーリートしての完成度としては、チープな2Dアニ…more
2010☆Brand new Movies

「ディープ・コア2010」

ディザスター・ムービー(災害映画)は、個人的にとても好きな映画のジャンルだったりする。 CGの発達によりこぞって大作映画が製作された90年代後半と、自分自身がコンスタントに映画を観始めた時期とが重なることもが大いに影響して…more
2010☆Brand new Movies

「めまい」

往年のサスペンス映画やスリラー映画は、どんなに名作であっても総じて“テンポの悪さ”を感じてしまう。 最新作品の展開の早さやそれに伴う“衝撃性”が、そういった過去の名作を礎にして生まれていることを考えれば、一概に否定すること…more
2010☆Brand new Movies

「第9地区」

どういう“スタンス”で観るべきなのか、ということが結局掴みきれない映画だった。 南アフリカはヨハネスブルグに現れた巨大な円盤。それに乗り込んでいた数万人のエイリアンが、そのまま「難民」として住着く。 確実に地球人より…more
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました