2007-10

2007☆Brand new Movies

「クワイエットルームにようこそ」

松尾スズキの長編監督作品第二作目となった今作は、「日常」から唐突に精神病棟という「異世界」に放り込まれた主人公の精神世界を、病棟における群像と共に、繊細にエキセントリックに描き出す。 フリーライターの主人公は、精神病棟…more
2007☆Brand new Movies

「EX MACHINA エクスマキナ」

予想外に衝撃的な面白さだった「アップルシード」の続編は、前作同様、スピードと衝撃性に溢れた次世代アニメーション映像と、直球勝負のストーリー性で優れたエンターテイメントを備えた作品に仕上がっている。 プロデュースにジョン・ウ…more
2007☆Brand new Movies

「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序」

これまで何の予備知識も無かった「エヴァンゲリヲン」。一世を風靡したこの作品が、どの程度のレベルのアニメなのか正直つかみきれぬまま、今回の劇場板で初めて“触れて”みた。 結果的には、正直まだ本質が掴みきれない印象が残った…more
2007☆Brand new Movies

「図鑑に載ってない虫」

日常生活の中に実は蔓延している些細な“笑いどころ”を、抜き出し、唯一無二のコメディに仕立て上げる「業」において、今、三木聡は独壇場だと言える。 限りなく意味の無い“可笑しさ”のオンパレード。そのストーリーも限りになく無…more
2007☆Brand new Movies

「黄金の七人」

「ルパン三世」の元ネタとなった映画らしいが、「ルパン三世」を散々観てきた者としては、むしろ「ルパン三世」の実写化というニュアンスが強く残った。 銀行の大金庫を地下から攻めていって、山のような金塊をまるごとベルトコン…more
2007☆Brand new Movies

「恋愛睡眠のすすめ」

これ以上ないほどのクオリティーによる“手作りの映画”。 紙や布や木で作り込まれた“夢”と“現実”の狭間で、生き方に不器用な主人公がハッピーを目指して奔走する。 考えてみれば、「夢」ほど己の存在のみで作り上げられた世界…more
2007☆Brand new Movies

「ザ・センチネル/陰謀の星条旗」

「大統領暗殺」の陰謀を描いた映画は山のようにあって、作品の本質的な面白さを比較すれば、この映画は中の下というところだろうが、もうほんとに久しぶりにこの手の映画を観たせいか、楽しめたと言っていい。 キーファー・サザーラン…more
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました