2006-09

2006☆Brand new Movies

「僕たちの戦争(TVM)」

現代社会に生きる人間が、戦時中にタイムスリップしてしまい、戦渦に巻き込まれていくという設定はよくありがちだが、容姿が全く同じ人間が時代を越えて入れ替わってしまうという設定はちょっと新しい。 そして、その対象をそれぞれの…more
2006☆Brand new Movies

「グエムル/漢江の怪物」

明らかな「モンスター映画」でありながら、その主眼はほとんどモンスター自体には当たらず、ひたすらな家族愛を中核に据え、シニカルなユーモアと社会風刺を加味したヒューマンドラマに仕上がっている。 米国の“モンスターパニック映画”…more
2006☆Brand new Movies

「電車男」

「真実」というフレーズを謳うものほど、実のところ“つくりもの”が多いのではないかと、常々思っている。 この「電車男」についても、そういう疑いは拭えず、一体どこまでを“リアル”と捉えるかは微妙な部分があると、思う。 書籍化…more
スポンサーリンク
2006☆Brand new Movies

「運命じゃない人」

<<ややネタバレアリ>> とことん不器用で呑気でいいやつなサラリーマン宮田くんの周囲で、“実は”巻き起こっていたある一夜の騒動を巧みな構成で描く“タイム・スパイラル・コメディ”。 むむむ、巧い!ずばり、見事! …more
2006☆Brand new Movies

「NOTHING ナッシング」

<<ネタバレアリ>> 社会に爪弾きされた二人の男が、突如「何も無い(nothing)世界」に放り込まれる。 その世界では、自分たちの「意志」によって“すべて”を消し去ることができる……。 「CUBE」「カンパニ…more
2006☆Brand new Movies

「サウンド・オブ・サンダー」

太古の生態系に抵触してしまったために、現在の人類世界が巨大に打ち寄せる時空の波紋ごとに“崩壊”してゆく……。 劇場公開時は、結構大々的にプロモーションをしていたので、とりあえず「巨費」をかけたエンターテイメント大作なの…more
2006☆Brand new Movies

「アンダーワールド:エボリューション」

「吸血鬼VS狼男」という構図も、圧倒的に美しく強い女ヒーローという要素も、もはや「ベタだ」と言えてしまうほど、ありふれたアクション映画の“ジャンル”である。 しかし、この映画のシリーズには、他を寄せつけない唯一無二のポイン…more
2006☆Brand new Movies

「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」

久しぶりに、こういう「言葉」で説明するべきではない映画を観たような気がする。数年前までは、こういう映画ばかり観ていたものだが……。 “人を自殺に追い込む”奇病の世界的蔓延。 人類に残された道は、もはや「滅亡」しかない…more
2006☆Brand new Movies

「ミリオンズ」

ふいに手にした(空から降ってきた)数百万の大金にふりまわされる大人たちの中で、ひとり“純真”を貫こうとする少年のお話。 ファンタジーとシニカルが融合した希有な世界観に、イギリスの美しいけどどこか雑多な空気感がよく合う。…more
2006☆Brand new Movies

「変身(2005)」

東野圭吾の原作を読んでいないので憶測の域を出ないが、どうも映画化にあたり原作の持つ物語自体の「意思」を取り違えてしまっているんじゃないかと思った。 人格が崩れ変化してゆく中で苦悩する主人公と、それを目の当たりにして苦し…more
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました