2006-06

2006☆Brand new Movies

「DEATH NOTE デスノート 前編」

昨今すっかり“常識化”し珍しくもなくなった「人気漫画の映画化」。 ベストセラー小説の映画化と同様、いかなる場合も、そこには大いなる「困難」がつきまとう。 漫画作品が漫画として完成している傑作であるほど、それは肥大する。 …more
2006☆Brand new Movies

「初恋」

“宮崎あおい”という女優は、「暗い表情」が巧い。最近こそ、某少女漫画の映画化や朝ドラで、ものすごく明るく快活な表情を見せ、女優としての魅力を更に幅広く伸ばしているが、やはり彼女の真価は、その憂いがちな瞳の奥にあると思う。 …more
2006☆Brand new Movies

「インサイド・マン」

シャープな映像感覚、ユーモアと社会風刺に富んだ流れるような台詞回し、全編通してスパイク・リーらしい映画世界には中だるみなく引き込まれる。 伏線をおおいに孕んでいそうな“強盗計画”の展開により、その吸引力はさらに強まっていく…more
2006☆Brand new Movies

「花よりもなほ」

前作「誰も知らない」まで、ドキュメンタリー的手法を駆使しリアリティを追及し続けてきた是枝監督が、初めて挑んだストーリー映画は、ユニークで幸福な時代劇の傑作として仕上がったと思う。 舞台は江戸の落ちぶれた貧乏長屋。そこで…more
2006☆Brand new Movies

「デイジー」

むむ。個人的には、やはり最終的に「救い」が無さ過ぎる結末は受け入れきれない部分がある。 設定は凡庸だけれど、目に見えるようで見えない“三角関係”の構図自体は物語の核としては良かったは思う。 が、三者の人間模様を追って…more
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました