久々鑑賞☆おヒサシネマ!

久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「クライマーズ・ハイ」“お盆休みの午後に観たくなる映画”

お盆休み期間中、「御巣鷹山慰霊」のニュースを見ると、決まってこの映画を観たくなる。(映画「クライマーズ・ハイ」レビュー・ネタバレ批評・あらすじ・感想・エッセイ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「誘拐」“昭和の大俳優の漢気は時代を超えて生き続ける”

お盆休みの最中、訃報が飛び込み、渡哲也が亡くなったことを知る。 公の場に姿を現さなくなって久しかったので、それほど驚きということは無かったが、また一人昭和の大俳優が逝ってしまったことが、只々寂しかった。(映画「誘拐」レビュー・ネタバレ批評・あらすじ・感想・エッセイ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「大誘拐 RAINBOW KIDS」“ほな、また来年の夏に”

“コロナ禍”の夏休み。本当は、遠方へ家族旅行の予定を立てていたが、流石にそういうわけにもいかなくなり、外出を最小限に留め、“9連休”という膨大な時間の大半を自宅で過ごした。 (映画「大誘拐 RAINBOW KIDS」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
スポンサーリンク
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「風の谷のナウシカ」“いのちは闇の中のまたたく光だ!!”

三十数年前、物心がつくかつかないか頃に初めて観た稀代のアニメ映画を、映画館で初めて観た。 コロナ禍で、新作映画公開延期が相次ぎ、映画館自体にも行きづらい状況が続いていたが、ようやく“解禁”という思いも込めて実に5ヶ月ぶりの劇場鑑賞。(映画「風の谷のナウシカ」レビュー・ネタバレ批評・あらすじ・エッセイ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「ブラックパンサー」“見どころは釜山の超ハイテクカーチェイス”

公開当時は、「インフィニティ・ウォー」の直前ということもあり、MCUという大河の中においては“新参者”のヒーロー単独映画に対してそれほど期待値が上がらず、鑑賞後も本国での大盛りあがりに反して今ひとつノリ切れなかったことは否めない。ただ、改めて鑑賞してみると、分かりきったことであったが、エンターテイメントとしてのクオリティーは圧倒的であり、そりゃあ問答無用に面白い。(映画「ブラックパンサー」レビュー・感想・ネタバレ批評・エッセイ・あらすじ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「シビルウォー/キャプテン・アメリカ」“雑な謀略にまんまとハマるヒーローたちの悲哀”

ストーリーの性質上、重々しくならざるを得ない展開において、様々なアイデアと大胆なストーリーテリングによるエンターテイメントのバランスが何度観ても秀逸。(映画「シビルウォー/キャプテン・アメリカ」」レビュー・ネタバレ批評・あらすじ・エッセイ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」“双子と現シールド長官に感謝すべき映画”

“シールド崩壊”を描いた「ウィンター・ソルジャー」に続いて、「エイジ・オブ・ウルトロン」を鑑賞。 本作で注目すべきキャラクターは、アイアンマンもなければ、キャプテン・アメリカでもない。 (映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」レビュー・ネタバレ批評・エッセイ・あらすじ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」“On your left!”

2014年の劇場公開から6年、通算4度目の鑑賞。 鑑賞した日付を振り返ってみると、ちょうど2年スパンで再鑑賞に至っていることが、自分のことながら興味深い。 (映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」」レビュー・ネタバレ批評・エッセイ・あらすじ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おひさシネマ!「ドラえもん のび太の魔界大冒険」 “今見てもトラウマ的に怖いメジューサ”

“STAY HOME”なGWも最終日。我が家では、家族そろってドラえもん映画を観て午後を過ごした。 2007年公開のリメイク版「映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 ~7人の魔法使い~」は、適切な“改変”を含めて、1981年生まれのオールドファンも納得せざるを得ない良作だった。 (映画「ドラえもん のび太の魔界大冒険」レビュー・エッセイ・ネタバレ批評・感想・あらすじ)
久々鑑賞☆おヒサシネマ!

おヒサシネマ!「Love Letter」 “この映画そのものが眩い「記憶」”

数年ぶりに「Love Letter」を観て、映画の中の登場人物たちと同様に、記憶が揺り動かされながら、幾度目かの感動に包み込まれた。 (映画「Love Letter」レビュー・感想・ネタバレ批評・あらすじ)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました