スバラシネマex

スバラシネマex

スバラシネマex「エージェント・オブ・シールド:シーズン5」“ようこそマルチバースの入り口へ”

“シーズン5”の世界観は、良い意味でも悪い意味でも「混濁」している。シーズン冒頭からシールドの面々が謎の集団に拉致られたかと思えば、舞台は「宇宙」を超えて、「未来」へという奇想天外な仰天展開。 (海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド:シーズン5」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
スバラシネマex

スバラシネマex「エージェント・オブ・シールド:シーズン4」“美人すぎるアンドロイドの「失恋」にはご用心”

シーズン4のストーリーラインのテーマはズバリ「アンドロイドの叛乱」。 ここにきて、「エージェント・オブ・シールド」は、“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”のスピンオフドラマシリーズであるという枠組みを飛び越えて、独自のSF展開を見せてくる。 (海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド:シーズン4」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
スバラシネマex

スバラシネマex「エージェント・オブ・シールド:シーズン3」“彼らの苦悩は真のヒーローの宿命か”

「エージェント・オブ・シールド:シーズン3」はシーズン序盤から豪快なストーリーテリングを見せる。 「シーズン2」から継続して描かれる異星人(クリー人)の時代を超えた策略と遺物、そこから生み出された或るインヒューマンズの誕生の真相が、悪の組織ヒドラの創設の歴史とリンクするというまさかの展開。(海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド:シーズン3」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
スバラシネマex

スバラシネマex「エージェント・オブ・シールド:シーズン2」“エキサイティングなヴィランのキャスティング”

「エージェント・オブ・シールド:シーズン1」を観終えて、もはや引き返すことはできず「沼」にハマる覚悟を決めた。 その理由は勿論、このドラマシリーズがエンターテイメントとしてシンプルに面白かったからだ。(海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド:シーズン2」レビュー・ネタバレ批評・感想・あらすじ・エッセイ)
スバラシネマex

スバラシネマex「エージェント・オブ・シールド:シーズン1」“結局、MCUファンには避けて通れぬ「沼」”

2020年GW真っ只中の5月末日、コロナ禍で映画に行こうにも行かれず(そもそも新作映画が公開されていない)、自宅で鑑賞可能な未見映画にも何だか食指が動かず、ついに禁断のコンテンツに手を伸ばしてしまった。(海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド:シーズン1」レビュー・あらすじ・ネタバレ批評・エッセイ・感想)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました