「マイマイ新子と千年の魔法」“少女たちはそれでも笑って、明日また会う約束をする”

スバラシネマReview

評価:  9点

Story

海外のさまざまな映画祭で上映された片渕須直監督のアニメーション映画。原作は高樹のぶ子の自伝的小説「マイマイ新子」。昭和30年代の山口県防府市・国衙を舞台として、空想好きな少女・新子と転校生・貴伊子の交流を描く。 Filmarksより

「マイマイ新子と千年の魔法」本予告
楽しくて、切なくて、ちょっとだけ勇気が湧く。そんな心に残るアニメーション映画が誕生しました。2009年11月21日(土)心に残るロードショー

 

Review

「この世界の片隅に」の衝撃的な感動から6年あまり、片渕須直監督のアニメーションの真髄は、そのさらに7年前に製作された本作の中に既に息づいていたことを、今更ながら思い知った。ある平日の深夜に気軽に鑑賞したのだが、想像以上に傑作だった。

山口県防府市の農村に生まれ育った主人公の新子と、東京から転校してきた貴伊子との出会いと育まれた友情。
共に過ごしたその日々は、一年にも満たない短い期間のできごとではあるけれど、深く、瑞々しく描き出される。
不可思議ながらも安らぐアニメ世界。澄み渡るように深い情感と、膨大な時間を超えた邂逅が、ちょっと味わったことの無い感動を生んでいる。

何やらファンタジックなタイトルではあるけれど、実際に描き出されるできごとは、実は決して特別なものではない。
この時代の日本のどこにでも存在していたであろう少年少女たちの他愛もない日々と、時代がもたらす普遍的な悲しみや苦労、そしてすべての子供たちが一度は巡らせたであろう“空想”によって、本作の物語は紡がれている。

ただ、描かれるできごとが普遍的であるからこそ、本作は形容しがたい情感を生み出しているのだと思える。
決して誰もが裕福ではない時代の中で、子どもたちは時に寂しさや悲しさを覚えつつも、それでも笑って、明日もまた会う“約束”をする。
その一日一日の積み重ねが、間違いなく「今」に繋がっているということを、千年という膨大な時の流れを引用しつつ、本作は雄弁に物語っている。

それはまさに「この世界の片隅に」で描かれた“すずさん”の人生模様に通じるアプローチだった。
そして、“すずさん”が生き抜き、命を継いだその先に、本作の時代と少女たちの人生が存在するのだということを“空想”すると、より一層芳醇な感慨を覚えた。

空想する喜びを既に知っていた新子は、生活の傍らにあった「現実」の悲しみを知る。
現実の悲しみを既に知っていた貴伊子は、新たな環境の中で「空想」する喜びを知る。
そこには時代に対する真摯な視点と共に、少女たちの成長に対する慈愛が満ち溢れていたように思う。

エンディング、コトリンゴが奏でる楽曲に包み込まれながら、「ああ、いい映画だ」と確信した。

 

「この世界の片隅に」<10点>
正月に妻の祖父母の家に行った際に、義祖母から大戦時の空襲の話を聞いた。 居住していた郊外から、市街地が空襲を受ける様を遠目で見たという。 変な言い方だけれど、と前置きをした上で、当時子どもだった義祖母は、爆撃される光景が…more

 

Information

タイトルマイマイ新子と千年の魔法
製作年2009年
製作国日本
監督
脚本
作画監督
声の出演
本上まなみ
鑑賞環境インターネット(U-NEXT)
評価9点

 

Recommended

Bitly

画像引用:

コメント

タイトルとURLをコピーしました