「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」“巨匠が追求し続ける映画表現の未来”

スバラシネマReview

評価:  8点

Story

舞台は第1作目から約10年後、地球からはるか彼方の惑星パンドラの神秘的な世界。元海兵隊員のジェイク・サリー(サム・ワーシントン)とパンドラの先住民ナヴィの女性ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)の子供たちからなる家族の物語。一家は神聖なる森を追われ海の部族に助けを求めるが、その楽園のような海辺の世界にも人類の侵略の手が迫っていた。 Filmarksより

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』吹替版予告編【異次元の”没入型”映像体験】12月16日(金)劇場公開
もはや異次元の”没入型”映像体験その世界に目を奪われ、物語に心を奪われる。「水はすべてをつなぐ----」。海がつなぐ新たな物語―家族の愛と絆が心震わす感動のドラマが今、始まる。<作品概要>舞台は第1作目から約10年後、地球からはるか彼方の神秘の星・パンドラの世界。元海兵隊員のジェイク・サリー(サム・ワーシントン)...

 

Review

映画を観たときの、面白い、面白くないの判別は、当然のことながら鑑賞者一人ひとりの「価値観」に委ねられることが普通だろう。
どんな映画であっても、その是非を判別し支配するのは、個々の鑑賞者だ。
もちろん、本作も一映画作品としてその立ち位置は変わらないはずだけれど、私は鑑賞中、その立ち位置が逆転しているような感覚を覚えた。

圧倒的な映画世界が、個々人の小さな価値観や人生観なんて一旦意識の範疇から弾き飛ばし、文字通りのその世界観に「支配」されている感覚を覚えた。
そうして映画世界の中を巡り巡って、最終的には、彼方に追いやられていたはずの鑑賞者一人ひとりの精神世界にたどり着く。
そういう「映画体験」を、ジェームズ・キャメロンは、また私たちにもたらしてくれていると思えた。

しかし、映画作品としての評価は賛否両論で、酷評が多いことも十分理解できる。
本作鑑賞後に、改めて13年前の前作を再鑑賞してみたけれど、続編である本作の描き出したストーリー性は希薄と言わざるを得ない。
敢えて意図的なことだとは思うが、ストーリー展開は前作の焼き直し的な要素が多く、親子関係や環境問題(捕鯨問題)を描いた全体のテーマ性もありきたりであり、新鮮さや、新たな価値観の発見はほぼない。

前作においては、主人公ジェイク・サリーが、身体的にも精神的にも不遇の状態の中で、“アバター”を介してまさしく「再誕」していく様が、ストーリーの核心であり、ドラマ性を生んでいた。
だがしかし、本作のジェイクは、複層的な意味ですっかりナヴィ族の「顔」となっており、彼が元地球人であることの葛藤や苦悩がまったくと言っていいほど描かれていない。それが主人公のキャラクター的にも希薄さに繋がっていたと思う。

その一方で、新登場するジェイクの4人子どもたちのキャラクター造形には、それぞれドラマ性があり、魅力的で、今後の可能性も期待できた。
生物の“種”を超えたハーフであることや、出生が明らかではないという“特異性”を持った彼らの存在性は、多様性極まる現代社会にも通じる要素だったと思う。
同世代の地球人“スパイダー”も含め、彼らの今後の生き様が、次作以降の本シリーズの価値を決定づけるのではないかと思える。

というわけで、傑作とは言い難い脆さも多い超大作ではあるが、Web配信も入り乱れる昨今の映画産業の中において、本作ほど映画館での鑑賞が「必須」な作品もなく、少なくとも、192分の上映時間の間、“異世界”にトリップできることは間違いない。
そして、ジェームズ・キャメロンが追求し続けるその映画表現の可能性と価値は、やはり揺るぎないものだと思う。
そこに広がっていたのは、また一つ先の「未来」だった。

 

Information

タイトルアバター:ウェイ・オブ・ウォーター AVATAR: THE WAY OF WATER
製作年2022年
製作国アメリカ
監督
脚本
撮影
出演
鑑賞環境映画館(IMAX3D・字幕)
評価8点

 

Recommended

 

画像引用:https://people.com/movies/avatar-2-the-way-of-water-disney-plus-release-date/

コメント

タイトルとURLをコピーしました