動揺

帰ってきた子どもたちを近くに呼び寄せた。

まず言わずにはいられなかった。

「どんなに上手くいかなくても、どんなに不満があっても、暴力は絶対に駄目だ」

と、

伝えきる前に、なぜだか感情が極まって、涙が溢れてきた。

 

伝えようとしたことは、改めて言うまでもなく、至極まっとうなことであり、

親として、これまでも何度も言い聞かせてきたことだったけれど、

今日のそれは、まったく状況が異なる。

 

安倍晋三元首相が、白昼、大衆の眼前で銃撃され、結果落命するという衝撃。

この事件に対して、僕は、自身が把握していた以上に、動揺し、失望し、憤っていたようだ。

 

安倍晋三という政治家を特に支持したり、好意的に思っていたことはない。

むしろ、近年は逆の感情の方が強かったとは思う。

ただ、当然ながらそんなことは関係ない。

少なからず何かの意思を発する人間の一人として、

自分の意思を大衆に対して発していた人間に対して、

背後から近づき、理不尽な暴力によってその言動を一方的に奪い去るという卑劣、

その蛮行に対する怒りと悲しみがおさまらなかった。

涙が止まらなかった。

この国の人間として、そして子どもたちの親として、

こんなことが起きてしまったことが、只々悲しくて、やりきれなかった。

 

動揺はまだおさまらないし、自分が何をすべきか、どう考えるべきかも定まらない。

子どもたちに対して、この現実をどう伝えることが正しいのかも実際わからない。

この混沌に呑み込まれては駄目だけれど、ただ目を背けてはいけないと思う。

 

これは、文明と社会に対する冒涜。

断固拒否し、非難し、引き下がらない。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました