「台風のノルダ」映画レビュー “薄くて冗長な26分間”

スバラシネマReview

評価:  2点

Story

舞台はとある離島、文化祭前日の中学校。幼いころからずっと続けていた野球をやめたことがきっかけで親友の西条とケンカした東は、突如現れた赤い目をした不思議な少女ノルダと出会う。その頃、時を同じくして、観測史上最大級の台風が学校を襲おうとしていた──。 Filmarksより

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

Review

まず、この作品は一体どういう“意気込み”で制作されたのかと疑問を禁じ得ない。
表層的には割と美しいアニメーションが映し出されるので、期待感は生まれる。一本の橋で繋がった小島に所在する学校という舞台設定もアニメらしく、そこで繰り広げられるであろう学園ドラマにエモーショナルを予感させる。

が、結果的に極めてチープで中身のない作品世界に只々落胆してしまった。
本当は長編アニメとしてスタートされたプロジェクトが、何らかの理由で予算ショートしてしまい、仕方なく短編アニメとして強引に仕上げざるを得なかったとしか思えない。

どうやら宇宙人(もしくは未来人?)らしい謎の美少女が世界を作り変えるために「人柱」になろうとするところを、浅はかな中学生男子コンビが“友情パワー”で強引に引き留めるという話。
大丈夫?それ。女の子を勝手に解放しちゃったけど、地球滅亡したりしない?

おそらくは、後の「天気の子」的な、瑞々しくも壮大なボーイ・ミーツ・ガールを描き出したかったのだとは思うが、作品に必要なあらゆる要素が欠落してしまっているので、ただ「意味不明」な物語に終始ししてしまっている。

短い上映時間に釣られて安易に観てしまったが、結果的にその26分間すら冗長に感じてしまうくらいに残念な作品だった。

 

「天気の子」<9点>
梅雨明けした週末、それに合わせるように封切りされていた本作を観に行く。 正直なところ“期待”は半々といったところだった。 新海誠監督の前作「君の名は。」はちょっと異常なレベルの社会的大ヒットとなり、これを受けての次作は、否が応で…more

 

Information

タイトル台風のノルダ
製作年2015年
製作国日本
監督
新井陽次郎
作画監督
石田祐康
撮影
声の出演
野村周平
金子大地
清原果耶
鑑賞環境インターネット(Netflix)
評価2点

 

Recommended

Bitly

画像引用:https://youtu.be/bvtfTS01O9w

コメント

タイトルとURLをコピーしました