家族旅行

ひとりカメラ部

GWは実家の両親と共に神戸に行った。

一昨年の夏の高知旅行と同様に、大型車種のレンタカーを借りた。
利用したトヨタレンタカーに限ったことかもしれないが、レンタカーは前夜の最終営業時間から借りると、翌日の朝一から借りるのと料金が変わらないので、絶対に前夜から借りた方がいい。
慣らし運転もできるし、荷物も前もって積み込めるし、何と行っても出発日の朝の時間を効率よく使える。

適当なミニバンをレンタルしたかったのだけれど、空きがなく、仕方なく10人乗りのハイエースを予約。
当日、実際に車両を目の当たりにしてみると、想定よりもずっと大きくてやや尻込みした。
子どもたちは「バスみたい!」とはしゃいでいたけれど、ドキドキしながら安全第一で一路神戸へ。

神戸では、昭和の香りが漂う王子動物園でコアラを見て(パンダは体調不良で不在)、中華街で飲茶を食べて、メリケンパークのホテルに宿泊して、IKEAで買い物をした。

両親と湾岸を歩きながら、昔は、フェリーに乗って神戸へ家族旅行に来ていたなあと思い出した。
前夜に松山港発のフェリーに乗船して、日が昇るよりも前に到着していた。
改修前の古い松山観光港の雑多な雰囲気や、フェリーの二等寝室で雑魚寝していたことも記憶に蘇る。
決してリッチな家族旅行ではなかったけれど、すべてが懐かしく、いい思い出だ。

自分の子供達の記憶にも、何かそういうものが残ってくれたらいいなと思う。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました